「共有」するって、何を共有するの?

病院内では

看護師資格を取得したばかりの新人たちに

先輩看護師が1年間

現場指導していくプリセプターシップ教育制度を取っている。

・・・

先週、今年度初めての研修で

新人看護師と先輩看護師は

目標や問題点、行動などを

「共有」することが

とても大切です!

とプリセプターに伝えてきた。

・・・

伝えた方が伝えたつもり、

聞いた方も、わかったつもりでは

「何度言ったら、わかるの!」と

「何を言っているの?」に

お互いが陥ることになりやすい。

・・・

そんな研修をおこなってから

家に帰った。

・・・

妻が「お願いしていい?」と聞いてくるので

「なに?」と確認した。

「1階に降りたら洗面所から

黄色いフタのカエルのスティックを持ってきて!」と言う。

・・・

「黄色いフタのカエルのスティック????」

「黄色いフタのカエルのステックがあるから!」

・・・

「黄色いフタ?

カエル?

ステック???」

「そう!黄色いフタのカエルのスティック!」

言葉は共有できたが

どうしてもイメージがわかない!!

・・・

黄色いフタで

カエル?のステック???

頭がちょっぴり混乱している。

何を取りに行けばいい?

・・・

・・・

・・・

とりあえず、1階の洗面所に行ってみた。

おー!

これだ!

黄色いフタのカエルのステック!

カエルの顔が

こっちを見て笑ってる!

Filed under: 雑感 — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする