なんで悩むの?

仕事をしていると

ある所属長が僕の席に近寄ってきて

「なんで上手くいかないんでしょうね・・・」

と問わず語りにつぶやいた

・・・

「どうした?」と投げかけてみると

「仕事って難しいですよね・・・

どうも思ったように進まなくて・・・」

と何やら悩みを抱えているようだ

・・・

「もしよければ

少し話していけば?!」

と僕の隣に座るように促すと

席に着くなり

はぁ・・・とため息

・・・

「随分と重そうなため息だな・・・」

「次から次へと問題が出てくるんですよ

それもスタッフの問題が・・・

なんで自分のところだけ

こんな問題が起きるんでしょうねぇ?」

・・・

沈みがちな表情で

ポツリポツリと語り始めた

・・・

「そうかぁ・・・

次から次へと問題がねぇ?!」

「自分には能力ないのかなぁ?」

と自己否定に入り始めた

・・・

そこで

「そうかぁ、能力不足だから

問題がいっぱい出てくるって思っているんだ?

自分に結構厳しいねぇ?!」と言うと

「そりゃそうですよ・・・

落ち込みますよ!」

・・・

IMG_1907

しばらく、具体的な話を聞いてから

「それって、真剣に取り組んでいるからじゃないの?

いい加減にスタッフと関わっていたら

それを『問題』だなんて捉えないだろ?

・・・

一生懸命、真正面から向き合っている人だけが

真剣に悩むんだよ!

『何も問題はありません!』って言っているのは

問題を見つける力がないか

関わりたくなくて

見ないふりしているかの

どちらかだよ」

・・・

すると

少し考えていたようで

「それって、真剣に考えていた証拠ですかね?」と尋ねてきた

・・・

「僕はそう思うけど

どうだろう?

真正面からスタッフのこと

考えていたんじゃないの?」

・・・

「そりゃ、考えていましたよ」

「だから、悩むんだよ!

・・・それって、ダメかい?」

・・・

・・・

「もう少し、悩んでみますよ!ハハハ・・・」

と言って席を立って行った

・・・

次はどんな悩みを持ってくるかな?

 

 

 

Filed under: マネジメント — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする