カレーの出来は?

玄関からカレーの匂いに

誘われ食卓についた。

・・・

カレーを作った長男(小5)と次男(小3)は

エースドッジボールの練習に

小学校へ出かけていて留守。

・・・

子供達のカレー作りの件を

一緒にいた妻の母に聞いてみると

台所へは来たけれど

ほとんど作らなかったという。

・・・

妻の母にとっては

子供達はカレー作りはしていないという判断。

でも、台所へ来ただけでOK!だと思う。

・・・

そのうち子供達が

エースドッジボールから帰って来たので

「今日のカレーはとっても美味しかったよ!」と言い

長男には、「何を作ったの?」と聞くと

「野菜を炒めて、ルーを入れた」と答えた。

・・・

次男は「ルーを入れたよ!」とニコニコ答えた。

「カレー作りは、100点満点中何点?」の問いかけに

長男は「80点!20点足りないのは

ルーを買いに行く時

エコバックを持っていかなかったんだ。

今度は持っていくよ!」

「そうか!今度は100点目指そうぜ!」

・・・

次男は「0点だよ!!」

「なんで?」と聞くと

「やろうと思ったけど、

おばあちゃんが、やらせてくれなかったんだ・・・」と残念そう

・・・

これが子供と大人のギャップ

子供達にとっては

初めてのカレー作りに

台所へ行って

ルーを入れただけでも100点

でも、大人にとっては

ルーを入れただけでは

カレー作りをしていないことになってしまう。

・・・

スモールステップを少しずつ経験させることは

次のステップに進む大切な過程

出来ているところに視点を当てて

子供達を見ていくと

きっと子供の成長が見えてくるのではないかな。

・・・

まずは、物足りないかもしれないけれど

出来ていないところではなく

出来たところを

そのまま認めてあげると

きっと子供達は自分で進んでいけるはずだよな・・・

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする