サンタさんと夕食団欒

夕食の時

長女(6)が突然

「サンタさん、プレゼントくれるかな?」

と言い出した。

「何をお願いするの?」

「プリキュアの箱!」

「プリキュアの箱???

「よーし、お父さんがサンタさんの代わりに

プリキュアの箱を作ってあげるよ!」

「え!?」長女は困った顔で僕のほうを見る。

「大丈夫だよ!プリキュアの顔を書いた板に

金づちと釘を用意して

それで箱を作るから!

うれしいかい?」

「う、うん・・・」とうなずきながらも

ますます困った顔になった長女

「あと、欲しいのはねぇ・・・」と話題を

変えてしまった。

・・・

長女は、しっかりサンタさんにお願いをすれば

必ず来てくれると心から信じている。

・・・

長男(小5)は、どうやら

サンタさんがいないのをわかったらしいが

でもそのことを言うと

欲しいものが手に入らないと思っているようで

「サンタさんっているよね!」と

一生懸命、サンタがいることを信じる子供を演じている。

・・・

次男(小3)は長男から

サンタさんの存在を知らされて

頭が混乱しているようで

「本当はサンタさんはいないけど

いるんだよ!」と訳がわからなくなっている。

・・・

いつまでも、みんなが夢を追っているのを

見ているのが楽しいなぁ!

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする