台形の面積ってどう出すの?

仕事が終わり家に着くと

小学5年生の長男が

「お父さん!宿題教えて!!」

と持って来た問題集が算数

・・・

小学5年生の算数は

面積や割合いの問題が出てくる。

このあたりから

算数が得意になったり

苦手意識から

嫌いになることが多いようだ。

・・・

以前、台形や平行四辺形の面積を求める問題がでたとき

公式を暗記することよりも

どうしてその公式ができたのか

マグネットシートを三角形や四角形に切って

説明したことがある。

台形の面積の時は

同じ台形を二つ切り

その一つをひっくり返して合わせてみると

平行四辺形になる。

その平行四辺形の斜めになっているところを

一つ切って、逆側にくっつけてみると

あら!不思議!

長方形になった。

・・・

そして長方形の面積の出し方を思いだし

ヨコの辺は台形の短い(上底)と長い(下底)辺を合わせた長さ

それに高さを掛けると長方形の面積

半分にすると

元の台形の面積のできあがり!

・・・

長男は、食洗機に貼ってあるいろいろな形のマグネットシートを

自分なりに組み合わせて

平行四辺形や台形を作っている。

食洗機を見ると

時折、その三角形が

怪獣やなんだか訳のわからない生き物になっているのは

次男(小3)の仕業!

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする