少年Nの小学4年生の思い出(4)

昨日の、また続き

・・・

5年生の次郎長に荒らされたゲームセンターは

西さんこと西村さんに救ってもらったが

隣の小学校の悪い奴ら何人かが

その空き地に

自転車でやって来るようになった

・・・

彼らがやって来ると

遊んでいた友達は

みんな蜘蛛の子を散らしたように

その場を去って行った

・・・

隣の小学校の生徒とは

あまり交流がない

・・・

さすがの西さんたちも

どうも歯が立たないようで

遊び場を占領されてしまった

・・・

・・・

日曜日だった気がする

隣の小学校より

もっと離れた小学校で

「番長」と呼ばれていた今井君に

助っ人をお願いしに行くことにした

・・・

今井君は

ひょんなことこら仲良くなり

時折遊んでいた上級生だった

・・・

今井君は

「明日、学校が終わったら

空き地に行くよ!」と約束をしてくれた

・・・

果たして、今井君は

自転車で30分はかかるだろう道のりを

何人かの友達とやって来て

その空き地で遊んでいる隣の小学校の悪い奴らに

話をつけてくれた

・・・

・・・

話はついたけれど

子供達で賑わっていたそのゲームセンターに

誰ひとり友達の姿はなく

空き地に僕だけいることが

なんだか、急に寂しくなってしまったことを

今でも覚えている

・・・

少年Nの小学4年生の思い出

おしまい・・・

 

 

 

Filed under: 子育て,雑感 — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする