春の健康診断、自動入力!

全職員を対象にした春の健康診断が始まった。
500人弱の職員の健康管理は、衛生管理者としてちょっぴり責任を感じる。
・・・
ただ、健康診断の準備から、データー集計までがとっても細かく、大変な作業。
担当職員は健康診断の時季、残業が多くなって、身体を壊す・・・
そこで、2年前からパソコンを使った健康管理ソフトをシステム担当の職員と作り始めた。
それがやっと、出来上がりつつある。
システムを実際に試すのは年2回の健康診断の時だけ。
今回のトライアルを手直しし、半年後に再トライアル。

毎回一部の職員で試してきたが、
今回は全職員でチャレンジしてみる。


健康診断の前にそれぞれの職員が、身長や体重などを入力しておいてもらう。
今飲んでいる薬も書いておく。
想定外の問題も発生!・・・パソコンのキーボードを初めて触れる職員もいる。

入力はゆっくりでOK!

この機会にパソコン覚えちゃおう!

・・・・
このシステムが成功すると、

職員ひとりひとりのデータを手で入力していたものが、
あっという間に、集計ができる。
なんと、便利!
それも、間違いなくできる。
身長と体重を入力すると、自動的にBMIの数字も出てくる・・・・
計算間違いもない・・・・
いつもは、小数点以下を勝手に切り下げて、少なめに数字を書いていたのだが・・・
そんなことして衛生管理者としては、

ちょっぴり責任を感じている・・・

Filed under: 雑感 — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント»
  1. 税務署でもパソコン入力を導入した時、
    打ち込めない人が多くて、職員がつきっきりでした。
    次の年行ってみたら、ゆっくりだけど、打ち込める人が増えていました。
    そんなもんですよね。
    きっと、お子さんやお孫さんのパソコンで練習したのでしょうね。
    青色申告会でパソコン教室を開いているそうです。
    そこには、ピッカピカのパソコンを持ってきて自慢している
    おじさんやおばさんがいっぱいだとか?!
    いざ、講習会が始まって、パソコンを開きましょう!!の言葉と同時に
    ピッカピカのパソコンの持ち主さんたちはフリーズするのだそうです。
    職員の方は毎度のことみたいだけど、
    少々お疲れ気味に見えたとか?!
    慣れですよ。
    覚えてしまえば、こんなに楽なものはないのですから!
    慣れですね。

    Comment by にゃん — 2010年4月22日 8:39 AM
  2. 少しずつ慣れていくことが、大切なんですね。
    いっぺんに覚えてもらおうと思うと、腰が引けちゃいますよね。
    徐々に、徐々に!

    Comment by oisi — 2010年4月24日 6:20 AM
コメントする