時間は家来?それとも王様?

時間通りには

なかなか動けない子供たち

・・・

夕食の時、子供達に向かって

「君たちは『時間』という王様の家来になっていないかな?」

と言うと子供たちは

「?」キョトンとしていた。

「いいかい、だってね、

『早く起きろ!』

『早くご飯食べろ!』

『早く宿題しろ!』って

いつでも、どこでも

時間の王様に命令されているだろう?

自分で時間を決めて動けないのは

時間の家来なんじゃないかな?」

・・・

そんな話をすると子供たちは

少し理解したようだった。

・・・

「時間を自分の家来にしてみないか?

自分が時間を自由に使えるようになったら

時間の家来では、なくなるよ!

どうすると、君たちが

時間の王様になれかな?」

・・・

「早起きするよ!」と自信たっぷりの次男(小4)

「そうかぁ!明日の朝、早起きするんだね!

楽しみにしているぞ!」

一晩寝ると

すっかり前の日のことを忘れている次男

さてさて。

・・・

それに、大人になっても

時間の家来になっている僕が

子供たちに言うのも、どうかと思うが・・・

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする