東田一人(あずまだひとり)さんの研修でびっくり!

週末の土日の2日間

アクティブ・ブレインの研修に参加してきた。

アクティブ・ブレインって脳の活性化だ。

・・・

まず、講師の東田さんがひとつの単語を言って

数秒後に次の単語を言っていき

次から次へと

合計で20個の単語が出てきた。

それを目をつぶって聞くだけで覚えるのだが・・・

問題に出された単語はまったく脈絡もない「野口英世」「あざらし」

「メロン」「空」「オバマ大統領」・・・こんな単語

・・・

順番と単語の両方があっていれば2点

単語は合っているが順番が違うと1点

合計40点満点のテスト

・・・

結果、僕は17点と惨敗!

単語は14個覚えていたが

順番がデタラメで最初の3つしか当たっていない。

・・・

次は講師の東田さんがチャレンジ

参加者が思いつきで発した単語を

次から次へ頭の中に入れていく東田さん

たとえば、参加者から「下仁田こんにゃく」や「国定忠治」など

群馬に関係する単語や

僕は「池上線」、別の人は「ガラパゴス海オオトカゲ」

など様々な単語が参加者から出された。

・・・

全く違う20個の単語を聞いて

すぐさま、東田さんは、

スラスラ順番も間違えず20個の単語を

みんなの前で言って見せた。

・・・

えー!?

すると今度は20番目から逆に1番目へ!

これも難なく言えた。

「14番目は?」の参加者からの質問に

「スナフキン!」

「てんとう虫は何番目?」という質問には

「8番目!」

全て正解!

・・・

これが二日間の研修で我々全員ができるという・・・

本当???

と、戸惑いながら研修を受けると

なんと、なんと16名の参加者全員が

一日目最後には、

参加者がペアになって出し合った20個の単語を

スラスラ覚え、その場で言えることができていた!

・・・

そして明日までの宿題として

100個の単語が書かれた

一枚の紙をもらった。

え!100個?!

それも逆からも言えるように?!

「1時間でできます!」と東田さん

本当に、本当?

・・・

家に帰り、さっそく宿題を出して準備開始

そこへ、次男(小3)がやってきたので

20番目までの単語を

僕が学んできた方法で

順番に試しに次男に言ってみた・・・

Filed under: セミナー・研修 — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする