次男(小5)の家庭科テストの結果は・・・

次男(小5)が

家庭科のテストを持って帰ってきた

・・・

テーマは

「見つめよう、家庭生活」

・・・

テストの内容は

ガスコンロの安全な使い方や

お茶の入れ方、卵のゆで方

調理器具の使い方に

ゆで野菜のサラダのつくり方などなど

これは実際にやっていないと

答えにくい問題ばかりだ

IMG_0917

見ると次男は100点満点を取っている

「クラスで100点は僕だけなんだよ!」

さすが、台所に立つのが好きな次男

将来、大学は家政学部でも進学させよかな

・・・

もう一枚の家庭科のテストは50点満点中40点

内容を見てみると

家族で行っている家族の仕事を調べた表があり

それに対して

「見直したほうが良いと思うことを2つ書きましょう」

という問い

・・・

会社員の母の仕事量が多いのが表を見るとわかる

そこで次男は

「同じくらいの量をする。なぜなら母1人だけ、いっぱいの仕事をしているから」

と書いて丸をもらっている。

このコメントを妻が読んだら涙流して喜ぶだろうなぁ

・・・

そしてもう一箇所がバツで40点になった

その答えを次男は

「買い物に4人もいらないから1人ぐらいで行くと良い」

IMG_0916

確かに!

労働生産性を考えると

一人で買い物に行ったほうが効率的なことがある

何人もの労働力を分散させるより集中させて動かす

これは実に理にかなった考え方

それがバツ?

・・・

次男に聞いてみた

「答えは、上ばき洗いや食事作りとか食器洗いを

みんなでするっていうのが答えかな?」

「だって、それは『母一人だけいっぱいの仕事をしている』って答えを書いたから

別の答えだと思うよ!」

「そうかぁ・・・そうだよね

それじゃ答えはなんだろうねぇ・・・」と尋ねると

「わかんない!」と次男

・・・

正直、僕も答えがわからない・・・

正解を先生に聞いてきてほしいが

「答えは、父ももっと家庭に協力する」なんて答えだったら大変だから

今回は、そののままにしておこうかな・・・

 

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント»
  1. そうですよね。私も小学生の頃、同じようなテストがあって全く分からなかった思い出があります…。弟君すごいですね!私よりも年下なのに100点も取るなんて…。とても尊敬しますぅぅぅ。裏の問題も惜しかったですね。

    Comment by 匿名 — 2017年6月3日 5:29 PM
コメントする