目だけのマスク顔

後ろから見てもひまわりの
ひまわりの背中

10月1日(木)

病院内は新型インフルエンザ対策のため、全職員マスク着用がルールになっている。
今年初めの季節性インフルエンザ時期から、新型インフルエンザの発生、夏を超え、もうすぐ季節性のインフルエンザがまたやって来る。1年中、口と鼻を隠し、顔の上半分、目だけが出ているマスク顔。

今日、看護師の I さんと病院内のクレームについて話をしていた時のこと、
「私、マスクしていても笑顔を感じさせたい!」と言い出した。
「何、それ?」
「マスクで口元を隠していても、表情は患者さん分かるみたい。この前、患者さんが『この前はマスクしてなかったね』って言うの。なぜ?って聞くと『笑っていたから、マスクしていなかったかなって思った』て言ってた。」

本当はマスクしているのに、彼女の笑顔の印象が強くて顔からマスクを消しちゃったようだ。

「笑顔は口角を上げて」「目が笑っていない」いろいろ言われている。でも・・・

笑顔は気持ち!顔半分がマスクで隠れていても、伝わるんだなぁ、「笑顔」の気持ち。

Filed under: 雑感 — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする