空気は食べられる?

小学校から帰って来た長男(小5)と次男(小3)

その二人を連れて床屋さんまで車を走らせた。

・・・

髪を切ってさっぱりした二人

7時から太鼓の練習

「お腹空いたなぁ・・・」

と長男も次男も口を揃える。

・・・

「宿題して太鼓の練習に行く?

それとも夕飯を食べて太鼓の練習行く?」

「もう、お腹がペコペコなんだよ!」と次男

・・・

「そうかぁ、車の中には

何にも食べるものないしなぁ。

空気をたっぷり食べえれば

お腹一杯になるんじゃないの?」と聞いてみると

長男は「空気はお腹いっぱいにならないよ!」と言い

次男は「空気は味がしないから、

お腹にたまんないんだよ!」と訳がわからない。

「塩でもかければ味がつくよ」と言うと

次男が突然

「空気はせっかく吸っても

出しちゃうから

お腹がいっぱいにならないんだ!」

と次男流の論理になってきた。

・・・

「10回吸ったら9回吐くんだよ

1回分はお腹に溜まるんじゃないの?」

と次男へ提案してみた。

「それを5回すれば5回分の空気で

お腹が少しは一杯になるんじゃないの?」

と調子に乗って次男を煽った。

・・・

次男は車の助手席で

1.2.3・・・と数えながら

一生懸命吸って吸って吸って

吐いて吐いて吐いていた。

・・・

「少しはお腹にたまったか?」

「さっきより、お腹減った!!」

「そうかぁ・・空気ってお腹にたまらないのか!?」

すると小学3年生の次男が

「吸うのは酸素で吐くのは二酸化炭素だからだ・・」

???どこまで本気でどこまで冗談だ?

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする