算数の割合の問題の解き方(3)基礎編

割合の問題の基礎編に移った。

「では、100本の鉛筆の70%は何本?という問題がでたとしようか。

さて、ここでAの元になる量はなんだろう?」

子供達は「鉛筆100本!」とここまでクリア

・・・

「Bの割合になるのは?」

「70%?」とちょっと自信無げに答えた。

「そうだよ!70%がBの割合!

じゃ、70%を小数で表すといくつだろう?」

「0.7だよ!」

・・・

「よし、それがわかっていれば

100本の鉛筆の70%は何本になる?という問題に戻るよ。

何本になる?がCの割合に当たる量だから

どうなる?」

・・・

「Aが元になる量で100本

Bが割合で70%で小数にすると0.7

だから、100本×0.7で70本だ!」

「正解!正解!」子供達はなんとなく理解したようだ。

そしてテストに向けた応用編へ・・・

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする