苦あれば楽あり?楽の後の楽?

さぁ、本格的な夏休みが

スタートした。

・・・

僕が小学校の時

「宿題やったの?」とか

「遊んでばっかりいないで、本でも読んだら?」と言われるのが

とても嫌だった思い出がある。

・・・

長男(小5)と次男(小3)には

「自分たちで計画を立ててみよう!」

「宿題をいつまでに仕上げるか?

そのために毎日、何ページドリルをするか?

その計画が立てられたら

その通りできたか、どうか?

後は自由行動!!

いいかい?」と提案すると

二人は計画書作りに励み始めた。

翌日、いよいよ計画の実行

「何時からスタート?」と問いかけることだけをすると

長男は、朝食の前に漢字ドリルをすでに開始していた。

「朝早くやったほうが、後が楽だからね!

苦あれば楽ありだよ!」と長男。

・・・

次男が「それ何?」と聞くと

長男は、楽の後に楽を望む次男には、

そのことが当てはまらない!と強烈なひと言!

まったく!!

・・・

たとえ、計画の30%しかできなかったとしても

自分たちが立てた計画の30%が出来たんだから

それもOK!!だよ!!

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする