長女(小2)のテーブルマナー教室?!

長女(小2)が先日

今通っている学童保育園のイベントで

妻と一緒に「テーブルマナー」教室に

市内のホテルに出かけてきた

・・・

フォークとナイフを持って

実際に昼食を食べながら

マナーを学んでくるという内容

IMG_1919

・・・

そういえば、なるほどと思うことだが

家庭では箸や茶碗

そして味噌汁のお椀も

自分たちの食器が決められている

・・・

子供達に食事の準備をさせると

ちゃんと僕の箸は僕の席に

ご飯をよそった茶碗は

僕が普段使っているものを用意する

・・・

でも、この自分のお茶碗や箸という習慣は

欧米はもちろん

中国や韓国にもなく

日本独特のものらしい

・・・

確かに、洋食器の平皿やナイフ、フォークは

みな同じで

誰のものかはっきりしていない

・・・

先日読んだ本に

そんなことが書いてあり

そこには長い歴史と文化

それに独特の風習があるのだが

・・・

・・・

長女は夕食の時

さっそく習ってきたことを実践しようと

台所からナイフとフォークを持ち出してきた

・・・

「どん風に使うか

お父さんにも教えて!」と言うと

「いいよ!パパに教えてあげるね!」

と言ってテーブルに並んだおかずを

自分の丸皿に盛り付けた

・・・

「でもさぁ・・・

今日のおかずは

ふろふき大根に沢庵とかお切り込みで

全部和食だよ・・・」と長女に言ったが

長女はお構いなしで

ナイフとフォークを得意げに使い

美味しそうに沢庵を口に運んでいた

IMG_1917

たぶん、沢庵をナイフとフォークを使って食べるのは

日本に来たばっかりの外国人だけじゃないのかな・・・

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする