明日天気になぁーれ!

週末になると、長男は自分の靴を洗う。

そして、庭に干す。

昨日の土曜日も洗い、いつものように干した。

「雨が降るかもしれないから、しまっておいた方がいいよ!」

「わかった!」と言いながら、そのまま・・・・

今朝起きて、靴はびっちょり。

・・・・

子供が朝、学校に行く時「今日は寒いから、もう一枚着て行ったほうがいいよ!」

「今日は雨が降るから、カサ持って行いいたほうがいいよ!」

ついつい、言ってしまうが、自分で判断できないかなぁって以前から思っていた。

・・・・

「これから雨が降るかどうかわかる?それから、今日は寒くなるかどうかわかる?」

「あのねぇ!忍者はね、人差し指に唾をつけて風の方向がわかるんだよ!」長男は自慢げに言っていた。

「へぇー!他にはどうやって天気わかるんだ?」

「雲を見るんだ!黒い雲の時には、もうすぐ雨だよ」

「そうか!じゃぁ、これからは、カサを持っていくかどうかは、自分で決められるかな?」

「忍者みたいにわかるよ!」

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

マスク着用義務付け!

2月の感染対策委員会が開催された。

議題の一つが、新型インフルエンザと季節性インフルエンザについて、今までの対策結果と今後の方針。

マスクの着用については、病院内でインフルエンザが蔓延しなかったひとつの効果ではないか。

インフルエンザ自体、まだ終焉したわけではなく、学級閉鎖をしている近隣の小学校もある。

ということで、病院内では今後も引き続きマスクの着用が義務付けられた。

・・・・

昨日の宿直業務を行っている最中から、どうも鼻がムズムズし始めた。

面会者の受付をしながら、くしゃみをこらえる。

もしかして、「花粉」????

始まったかぁ・・・・・

群馬に引越し来て、山に黄色い帯がかかっているのを見た。

「何だ?いったいあれは何だ?」

その年から、花粉症デビューした。

大量の産地直送花粉だ。

今着用しているマスクはインフルエンザ対策?それとも花粉対策?

結局1年間、マスクを着用している。

僕がヒゲをはやしていることを知らない新入職員がいそうだ・・・・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

慣れるとどうなる?

グループワークでの話し、パート2

「思い込み」ってどんな時、起きる?

みんながそれぞれの経験を持ち寄ってワークが始まった。

「結構慣れてくると、思い込みするよね!」誰かが言うと、

「確かに思い込んでいる時って、慣れているよ!」

「いつの間にか、慣れてきて失敗するんだ」

思い思いに意見を言うが、どうも「慣れ」が悪玉のようになってきた。

ファシリテーターの大石は「慣れるって、ダメ?

早く仕事に慣れろ!って言わない?」

「場」をひっくり返してみた。

ちょうどフライパンの目玉焼きをひっくり返すように・・・

目玉焼きにも裏側があるんだよ!って感じで。

一瞬、「場」が静まった。

そして誰かが「慣れると、別のことをしながらとか、別のことを考えながら何か出来ちゃうんだ!」と新しい視点の意見が出た。

「そこが、失敗の元だよ!」と参加者。

「新人の頃は、他の事する余裕無いから、逆に失敗しないのかもしれない。」別の参加者が発言した。

ファシリテーターの大石「慣れることが悪いんじゃないんだね?じゃ、慣れてきたとき、どうすれば思い込みによる失敗がなくなるんだろう?」

この問いかけで、全員が一言ずつ自分のこれからの行動を語り、この時間の感想を言って終了。

・・・・

そういえば、Aさんの思い込み体験は、秘書になりたくて「医療秘書科」の学校に行った時の話し。

半年位して、どうも授業の内容が変だなぁと思い、友達に聞いてみたところ・・・・

医療秘書科は医療事務を勉強するところだとわかった。

院長の秘書には、なれないよ!

「え?半年もして?」

「それまで、秘書になるって思い込んで学校に通っていたの?」

一同、唖然!!

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (2)

熱中!仕事のプロフェッショナル?

夕方、保育園に迎えに行く。

ほんの1ヶ月ほど前は、子供たちを迎えに行くと、真っ暗な状態だった。

s-2010_01272010.10115

このごろは、すっかり日が延び、気分もなんだか、ゆったり。

2010_02232010.10113

子どもたちは真っ暗でも、日が延びても、園庭でサッカーや木登りに夢中!

真っ暗なら真っ暗なりに、そんなこと気にしないで、外遊びに夢中になる。

熱中していると言えば・・・
職場の同僚が、こんなクイズを持ってきた。
「クイズ!この人の職業は何?」
・仕事にいつでも熱中している(いつでもかぁ・・・)
・目標が明確である(大切なことだ)
・今日のゴールがはっきりしている(なるほど・・・)
・情報には敏感である(情報の取捨選択かぁ)
・今日の失敗は、必ず取り返す!という強い信念を持っている(かなり強烈!)
・食事の時間も惜しんで働いている(そりゃ無理だ!僕なら意識失う)
・土日、正月も無く働く(え?どうして?)
・仕事場が開く前に入り口で並んでいる(え?そんな!?)
・   ・ ・   ・
・   ・ ・   ・
 ・ ・   ・ ・
 ・ ・   ・ ・
・・・・・・・・・・
ぱ・・・・・・
  ち・・・・・
    ぷ・・・・
      ろ・・・
え?パチプロ?
確かに!その通り!
見習うべき仕事のプロ!
 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

リンゴと本だし!

小2の長男と年長の次男が料理にハマッタ!

二人が台所に立ち、なにやら料理を作っている。

きゅうりとにんじんを切り、それをボールに入れるところまでは、二人共通。

2010_02212010.10113

 

そこからが、それぞれの個性の始まり・・・・

次男は、ブロッコリー、セロリ、ミニトマト、リンゴ、魚肉ソーセージを一口サイズに切り混ぜ合わせた。

長男は、ミニトマトに食パンのちぎったもの、揚げ玉を混ぜた。

前日も作り、その時の調味料はマヨネーズ、塩、酢。

それぞれのサラダが美味しかったのでの、今日はそれがエスカレート!

長男は砂糖と梅干のちぎったものが加わった。

次男は砂糖と本だしが加わった。

解けていない本だしがリンゴの表面にぶつぶつついている。

2010_02212010.101162010_02212010.10115

 

さぁ、出来上がり!食事の始まりだ!!

子供たちは得意そうに出来上がった料理をテーブルに運んできた。

「いっぱい食べてね!」と子供たち。

「もちろんさ!」(本だし味のリンゴ?!)

「どう?おししい?」次男が聞いてくる。

なんて答えようかな・・・

正直、リンゴと本だしのブツブツは相性があまり良くないようだ。

でもなぁ・・まずいって言ったら、せっかく料理に興味持っているのに・・・

と、そこでコーチの大石は考えた。子供たちに採点させよう!

「おいしよ!作って食べてみてどう?10点満点で何点?」

長男は「10点!」

次男は「5点!」

「何で5点なの?」と聞いてみた。

「リンゴに本だしはニガイ!だし入れないほうが良かった」次男は多少不満げに答えた。

「へぇー!リンゴに本だしは合わないって見つけたの?大発見だ!

いっぱいチャレンジするといっぱい大発見ができるよ!

お父さんは初めての味だったけど、美味しかったよ!」

次男は複雑そうな顔をしていた・・・

次回、がんばれ!!

・・・・・・

もちろん、次男は翌日もキッチンに立っていた・・・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

ブラインドウォークを体験

2010_02212010.10111

日本コーチ協会には各地で活動するチャプターがある。

わが群馬チャプターの近隣の、栃木・茨城・埼玉チャプターと年1回、この時季、研修を兼ねた交流会が開催される。

20・21日の土日で4県の中間に当たる?茨城県古河市の平成館に30名近くが集合した。

http://www.koga-kousya.or.jp/heiseikan/index.htm

今年で5回目の開催だが、僕は初参加。

どんな研修になるのか、不安と期待での参加。

初日は日本コーチ協会理事の平野圭子さんの基調講演。

徹底して「聞く」ことにフォーカスを当てた基調講演。

コーチとして基本中の基本。「聞く」スキルの再発見。

まだまだ、聞けてないなぁ、が実感!

2010_02212010.10105

・・・・・

翌日は朝食後、平成館に隣接するネーブルパーク公園を使っての研修。

ペアになって「ブラインドウォーク」を行った。これは初めての体験。

1人が目を瞑り、もう1人がサポートをして、ペアで10分間、公園を歩く。

たったこれだけの体験なのだが・・・・

ペアを組んだ臼井さんとは、この研修が初顔合わせ。

目をつぶった瞬間、ものすごい不安!

さぁ、スタート。臼井さんのゆったりとした「歩くスピードはどうですか?」の問いかけに、

自分のペースがまだつかめず、「え、え、大丈夫そうです」とまだ、疑心暗鬼のなかで答える。

臼井さんから「右にほんの少し緩やかにカーブしています」と声をかけられる。

背中に当たっている日差しがほんの少し右側に変わる。空気の温度が違う。

あれ?足の裏の感覚がさっきと違う。

少し下っているのかな?臼井さんに「下り坂ですか?」と聞いてみる。

「え?見た目にはほとんど分かりませんが、この勾配を感じるんですか?」

・・・・

普段、僕は目を使って、物を見ている。

見えたものを感じている。

その「視覚」を遮断した時、不安や恐怖が生まれてくる。

同時にあらたな、感覚が研ぎ澄まされても来る。

足の裏の感触、遠くを歩く人の足音、木漏れ日の変化、水のにおい・・・・

そしてサポートしてもらう人との距離、手を添える力加減、10分間でその変化を感じる。

サポートする、サポートされるってこんな感じなのかぁ・・・

いつの間にか臼井さんへの信頼感は高まり、不安が減っていった。

もっと歩いていたかった。

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

親孝行!親不孝?

先日のブログで、長男のことを父親似の自信家と書いたが、

その僕の自信話し。

30年も前のこと。

季節は今頃の大学受験シーズン。

s-2010_02212010.10110

・・・・

第一志望の大学、解答はばっちり!浪人しただけのことはあった。

今年は、滑り止めも受かったし、第一志望もOKだろう!

高校受験の時には、色々トラブルがあり、親にとっても心配をかけた。

今回の大学受験は親孝行のために、合格発表を父親に行ってもらい、喜ばせてあげよう。

なんと親孝行な息子だ!と自画自賛。

「仕事の帰りに、見てきてください」と父親に受験票を渡した。

父親は仕事を午前中で切り上げ、発表を見に行ってくれたようだ。

夕方電話が入り「番号が無いぞ」と父親は言う。

「そんなはずは無いです。必ずあるので、もう一度見てください!」

「何度も見たんだが、無いんだ!」

「え?えっ?えっっ?・・・・何かの間違いだと思います!?!?!?」

「ダメだったようだ」

・・・・・

父親が帰ってからの夕食、気まずい雰囲気が家庭内にズドーン。

うーん!親孝行のつもりが、親不孝のどん底!

・・・・本当は今でも、もしかしたら、父親が見落としたんじゃないかと思っている・・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

思い込み??

僕の勤務する病院では、年2回、医療安全のための勉強会を行う。

今回は「思い込み」について、6名前後でグループワークをしながら、職員同士で学びあう。

各職員が思い込みをした体験を持ち寄り、

「どんな時に思い込むのだろうか?」

「なぜ、思い込むのだろうか?」

「思い込みを別の表現で言ってみると、どんな言葉?」

など、活発に話し合われた。

別の表現で言ってみるでは、「たぶん、○○だろう・・・」と言い換えた職員がいた。

確かに、曖昧のまま、進ん出しまうこともあるかな?

でも、100%の自信で思い込むこともある。

僕は以前職場で、「昨日、たこ焼き食べたけど、タコ顔(たこがお)のは美味しいよね!」と言うと、

職場の女性は変な顔をしながら、「それ、タコヅラですか?」って優しく教えてくれた。

http://www.takozura.com/

ずーっと「たこ顔」をタコガオって読んでいた・・・

結構、恥ずかしかったなぁ。

女性職員が教えてくれたから、僕の勝手な思い込みは解消されたけれど、

逆に「それって違うよ!」と思いながら、教えなかったことがある。

以前、ある採用担当の上司が、僕のところへ来て、「年齢はフトイにしておくから」と求人票を持ってきた。

「年齢が太い????」

「年齢が太い?あっ!それって不問(ふもん)?」って気づいたけれど、言うタイミングを逃してしまった。

今でもどこかで「年齢太い」って言っているのかな?

教えてあげればよかった・・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

保育園のヒーロー?

保育園年長の次男のクラスでは、今、独楽がブームになっている。

保育士も園児も夢中になっている。

もちろんベイブレイドではなく、昔ながらの木の独楽。

最初は独楽にヒモを巻きつけることも難しそうで、当然回すこともできなかった。

そのうち、一人ができ、また一人ができてくるうちに、競い合って上達してきた。

2010_02152010.10080

そこへ、ヒーロー登場!

「ちょっと貸してごらん!こうやって、手に乗せるんだ!そして、右手からヒモを伝わって左手へ綱渡りーぃ!」

と、得意満面の大石お父さんが登場!

園児たちばかりでなく、保育士からも驚嘆と大きな歓声。

その気になってしまった大石お父さん。

帰り支度も忘れ、最後まで子供たちの遊びを仕切ってしまった。

・・・・

保育士も結構本気モードになって、「お父さん見て!手に乗った!」って次の週には、自慢げに僕に訴えてきた。

仲の良いお父さんからは「大石さんの頃は、他に遊びがなかったから、上手いんだよ!」の一言。

いいんだ!保育士と子供たちに勝ったんだ!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

故障中?故障?

今日は午後有休を取り、前橋まで出かけた。

途中、甘楽SAで舞茸てんぷらそばを食べて腹ごしらえ。

トイレによると「故障中」の掲示。

P1020059

確か、人間が主体で行っていることを「○○中」と言うのではなかったかな?

休憩中、準備中、腹筋中、謹慎中、暖房中・・・・

どれも、人間が行っていること。

機械が故障している時には、機会が故障したのだから「故障」と表現する。故障中はおかしな表現。と本で読んだことがある。

機械の太郎君が「今故障していますよ!」と擬人的に表現するのなら「故障中」もOKだが。

・・・・

「大石、ただ今故障中!触らないでください!」

これなら、いける!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)