自分の髪を切る?

宿直明け・・・

昼までの勤務を終え、床屋さんへ寄った。

ここは、妻の同級生のお兄さんがハサミを持つお店。

お店の扉を開けると、お客さんの座るイスに、お兄さんが座っている。

左手にクシ、右手にハサミを持ち、

自分の髪をチョキチョキと鏡を見ながらハサミを動かす。

「へぇー!実に器用に、自分の髪を切るんですね?!」と見とれていた。

・・・・

そういえば、僕が高校生の時、

実は一度も床屋に行かなかった。

床屋に行くと、必ず、思ったとおりの髪の形にならず、それが嫌で嫌で・・・

そこで、自分で切ることにしていた。

横が延びてくると、横をチョキン!

前髪が邪魔になってくると、前髪をチョキン!

後ろが延びてくると、適当にチョキン!

右側が気になると、右側だけをチョキン!

そのうち、

朝起きて、寝癖がピン!と跳ねてると、そのピンをチョキン!

だんだん、めちゃくちゃになってきたが、

それでも床屋に3年間行かなかった。

・・・

高校を卒業して床屋に行った時、

お店の人が僕の髪を梳かし始めると、

突然クシの動きが止まり、ジィーと左・右・前・後アンバランスな僕の髪を見つめ、

動けなくなったその人の姿が、今でも記憶の鏡に映っている・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)