(1)・・・長男・次男に何があった?

毎朝7時30分に、近所の小1のY君が迎えに来る。

ぴったり7時30分だ。

毎日のことなので、7時25分までに朝食を終わらせよう!と子供たちに言う。

これが、できない。

遊んでばかりで、いっこうに食事が進まない。

特に小学校に上がったばかりの次男は、

時間の感覚をまだ理解できていないようだ。

昨日の朝は、7時25分で次男の食事を打ち切りにした。

・・・・悩んだ。

時間がかかっても食事を最後までさせ、

次男1人だけで学校に行かせるか、

それとも約束の時間になったら、

途中でも食事を止めさせ、みんなと学校に行かせるか・・・・

そして、いつもの時間で食事を打ち切った。

次男は、本当に食事を止めさせられると思わなかったようだ。

朝食を一口も食べることも無く、黙って学校へ向かった。

・・・・

勤務先でいつものように仕事をするが、

どうも気になる。

次男のことが、気になる。

給食まで、まだ2時間あるなぁ・・・

お腹空いただろうなぁ・・・

今日は5時ピッタリに仕事を上がって、学童に迎えに行こう。

・・・

学童に行くと、長男と次男が一緒にいる。

次男に「お腹空いたろう?」と聞くと、

うつむき加減に「給食の時間も無かった・・・」

車に乗り長男を見ると、涙を浮かべている。

「どうした?何があったの?」

次男はポツリと保育園に一番下の妹を迎えに行くと言う・・・

長男も次男も何があったんだ?・・・(つづく)

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)