(3)・・・やっぱり保育園?

長男・次男を車に乗せて、

一番下の妹を保育園に迎えに行った。

保育園に着くと、長男も次男も車で待っていると言う・・・?

卒園した今でも、あんなに保育園が大好きな子供達がどうしたことだ?

・・・・

「一緒に迎えに行こう!」と言っても、浮かない顔の長男と次男。

「S君がサッカーやっているよ!」と

卒園して遊びに来ているS君の名前を出してみた。

それでも、中々車から降りようとしない。

保育園から聞こえる仲間たちの声が気になるのか、

車から、そろりそろり出てきた長男と次男。

楽しそうに、他の子供たちが園庭で遊びまわっている。

その姿に、ソワソワ気分が出てきたようだ。

・・・・

長男も次男もいつの間にか、ボールを追いかけ、

身体いっぱい使って園庭を走り回り始めた。

顔を真っ赤にし、汗びっしょり!

声も大きな声になり、顔も上を向いてきた。

いつもの長男と次男に戻っている。

・・・・・

きっと長男も次男も子供なりに、

6年間育った保育園と小学校の違いを感じているのかもしれない。

すっかり元気を取り戻した子供たち。

家に帰ると、玄関にランドセルを放り投げ、

さっそく自転車に飛び乗って、裏の神社へ遊びに行った。

明日の準備しないで、遊んでいると、

夕食の時間がなくなるぞ!(おしまい)

・・・・・・

・・・・・・・・・・

***あとがき***

寝るとき、長男は学童で2人の友達に嫌なことを言われたらしい。

とってもその言葉に傷つき、涙を流したのだそうだ。

「お父さんとお母さんはね、いつでも君の味方だよ!

どんなことがあっても、味方なんだよ!

お父さんとお母さんは、君のことが、

大好きで大好きで大好きなんだ!」

長男は、にっこりしながら目を閉じ、

僕に抱きついて、

「おやすみ!」と小さな声で言った。

・・・次男はお腹を出して、すでに夢の中だった・・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)