長男と次男

小3の長男と小1の次男、

年齢差は1歳6ヶ月。

遊びはほとんど同じ。

ベイブレードに自転車、ブレイブボード、ポケモンカード・・・・

・・・・

昨年のクリスマス、サンタさんからのプレゼントだったブレイブボード、

http://www.braveboard.jp/

長男と次男はひとつのボードを仲良く始めたが、

ドンドン上達する次男。クルクル・スイスイ自在に操る。

長男も運動能力はあり、普通には乗るが、次男にかなわない。

・・・・

ひとつのボードを兄弟で順番に使う。

家の前の路地で交互に使う。

ゆるやかな坂になっている道の上りを次男、

下りを長男と決めたらしい。

ボードを使って上っていくのは、技術がいる。

長男には、上る技術がないことを自分でも承知している。

そんな次男の力を素直に長男は認めた。

長男の番になり、下り坂をゆっくり滑り出したが、

だんだん勢いが付いていき、危険スピード!

ボードをコントロールできない。

すっ飛んだ。

ジャージのヒザ辺りに穴が開いた。

大泣きしはじめた長男。

痛さと悔しさからの涙のようだ。

・・・・

「どうせ、上手くいかない!」

「練習しても、ダメなんだもん!」

次男と比較して、「あんなに上手く回れないんだ!」

・・・

長男から、次々に人生のどん底のような言葉が出てくる。

「この前より、上手くいってたよ」

「練習すれば、少しずつ上手くなるよ!」

「大丈夫だよ、きっと上手くなるよ!」

長男を励まそうと声をかけたが、

どの言葉も長男には響かなかった。

長男の表情はブスッとふくれっ面、

そして目には涙を浮かべている・・・

「いくら練習しても、上手くならないんだヨ!」

上手くいかない自分に腹を立てているのか、

次男に嫉妬しているのか・・・

それでも長男は、

「やらせて!」と次男が使っているボードを要求する。

「頑張ってみるんだ?!」と聞くと、

「ぜんぜん上手くならない!」と長男

「上手くなりたいの?」

「なりたいよ!でも練習しても上手くならないんだ!」

そんな会話の繰り返し・・・

イライラしながら、何度も挑戦する長男。
でも、イライラしながらだから失敗する。
だから、またイライラする・・・
とうとう、ボードを投げ出し、その場から走り去った。
あらら・・・

さて、さて、こんな時、親として、どうしようかなぁ・・・

(つづく)

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)