長男と次男2

思うようにボードを操れず、

泣きながら、その場を立ち去った長男・・・
放り投げられたボードを次男に渡し、ちょっと長男を捜しに行ってみた。

うな垂れながら、裏のブロック塀の上に座っている。
さっきは、ほめたり、励ましてみたが、
長男自身がそのことに納得していないので、
長男にかけたその言葉は、はじき返された。

親として、どんな風に接するのがいいのかなぁ?・・・

どんな言葉をかけるといいのかなぁ?・・・・・

正直、迷った。

言葉を探したが出てこない。

・・・・

・・・・・・・・

「親として、何とかしよう!」は、ちょっと横に置いて、
何とかならなくても、

長男の気持ちをまるごと、そのまま受け取ってみるかな。
ブロック塀に座っている長男の横に座り、
「上手くいかないのが、悔しい?」と聞いてみた。
しゃくりあげながら長男は小さくうなずく。
「悔しかったんだね・・・」と言うと、
「もっとできると思ったのに、ぜんぜん上手くできない」ポツリと長男が言う。
「そうかぁ・・・ものすごく悔しかったんだねぇ」
長男の肩を抱きしめながら、しばらく黙っていた。
ただ、一緒に座っていた。
・・・
暗くなった庭には、ポーチライトが点灯し始めた。

しばらくすると・・・
長男は、ボードを持って練習再開し始めた。
「どうやったら、うまく回れるかわからないんだヨ!」と強い口調の長男
「上手く回れる方法は、どうやったらわかるの?」と長男に聞くと、

何か考えているようだった・・・・
「どうやってまわるの?回り方教えて!」と長男は次男に聞いた。
次男は「僕も最初は、こうやって練習したんだよ」
と腕の振り方と足の動かし方を長男に一生懸命教えていた。
それを長男は素直に真似していた。

まずは、やれやれ・・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)