歩いた!職員旅行

今回の職員旅行は良く歩いた!

と自分では思っている・・・・

1日目の城ヶ崎では、バスの駐車場から

吊橋まで、くねくね上り坂を20分。

バスの中で早めのアルコール摂取がこたえた。

翌日は、下田の町を散策。

地元のボランティアの方の説明を聞きながら、

町中を1時間ほど歩いた。

唐人お吉の話しに勝海舟の話、

ペリーにハリス・・・

ちょとしたこぼれ話が実に楽しい。

説明の中で、

安政元年の5月22日に下田条約が

了仙寺で締結されたというのは、

100年近く前の僕の誕生日なので

覚えているのだが、

昨晩の宴会の締めの挨拶をしたが、

何を言ったか、まったく覚えていない・・・

最後は天城山、浄蓮の滝。

ここも駐車場から急な坂道。

わさび味のソフトクリームを食べながら、

ハァハァ息を切らしての滝見学。

・・・・

翌日職場に行くと、若い職員達は筋肉痛を訴えている。

「あのくらいで筋肉痛?

だらしないなぁ!」の僕の一言に

「年をとると、痛くなるのが、遅いんですよ!」

「・・・・・」

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

車窓からの景色

昨年は新型インフルエンザの影響で

中止となった職員旅行。

今年は日曜・月曜の1泊で

伊豆下田に向かった。

・・・・

関越自動車道を東京方面へバスが走る。

僕がいつも運転し、見慣れている関越自動車道も

乗客としてバスから眺める風景は

また新しい発見。

なんだか新鮮なんで、キョロキョロ

あっち見たり、こっち見たり。

・・・・

この旅行の間に、僕の車を車検に出した。

帰ってくる頃には仕上がっているはず。

いつも乗っているミニバンに代わって

コンパクトカーが代車だ。

旅行の前、

子供達を乗せて近くまで出かけた。

車高がかなり違う車内からの景色に

長男は「わぁー景色が違う。

今まで見えていたものが見えないし、

今まで見えてないものが見える!」

へぇ、そんなこと感じるんだ。

・・・・

バスからの景色を見ながら、

長男の言った言葉を思い出した。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

高校生いろいろ・・・(2)

さて、もう一人のBさん
ちょっぴりおとなしそうな印象。
でも、なにか自分を持っているようだ。
・・・
事前に調査票と履歴書を確認
1年生のときに20日以上の欠席。
何かあったかな?
・・・
当日、A君と一緒に面接をした。
BさんもA君同様、看護を通して人の役に立ちたいと答えた。
休みの件を確認してみよう。
センシティブな問題もあるようなので、
「答えたくない質問には、
答えたくないと正直に言ってもらっていいですよ」と伝えた。
どうやらBさん、家庭内の問題があり、
学校に出て行くことができなくなったようだ。
とっても苦しい1年間を自分と真正面から対峙し、
まわりのみんなに助けられ、
どうしても卒業したい!という気持ちから
再び学校に行くことを決心した。
ただし、やはり家庭の経済事情から
普通は電車で通うところを、
片道10km自転車で2年間がんばったそうだ。
Bさんは「体力は自信があります」と簡単に言っているが、
雨の日ももちろん、カッパを着て通ったようだ。
翌日、採用担当の先生にお会いし、
そのときの話を聞いた。
Bさんは、やはり合羽を着て自転車で通学していた。
カッパを着ていても、びっしょりになったBさん。
先生が体育着に着替えるよう、言っていたそうだ。
・・・
自分の中で起きたことを
自分の問題として捉え
それを自分のできることから
しっかりスタートし
最後までやり遂げたBさん
短い面接時間の中で
そんな印象を与えてくれた。


・・・
入職してから准看護学校に行くか尋ねてみた。
2年間、仕事をしながら准看護学校に通うのは、
そんな楽なことではない。
午前中仕事をして、
昼から夕方まで学校で授業を受け、
病院に戻ってきて、8時まで勤務する。
・・・
Bさんは、1年間は学校に行かず、
仕事に専念するという。
職場に慣れてから学校に通うという。
確かに、簡単に、仕事をしながら
学校に通うことを選択する人もいるが、
しっかりとした目標がない場合には、
途中で挫折し、退学や退職をする人もいる。
それを考えるとBさんは
自分をしっかり見ているようだ。
病院での仕事を続けるための選択なんだろう。
でも、2次面接で、准看護学校に進むことを
押してみようかな?
Bさんのがんばりなら、
きっと乗り越えられそうだ。
応援するぞ!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

高校生いろいろ・・・(1)

高校生の採用面接を行った。
男子生徒のA君と女子生徒のBさん
2名のグループ面接。

ちょっとワイシャツの汚れが気になるA君。
そんなA君にこんな質問をしてみた。
「面接でどんなことを聞かれると思ってた?」
A君「この病院を志望した理由を聞かれると思いました」
「なるほど。で、どうして当院を選んだって答えようと思っているの?」
A君「看護の仕事は、人の役に立つ仕事です。
人の役に立つ仕事に就きたかったから志望しました。
先生からそのように指導されました」
ありゃ、先生がそのように答えるように言ったんだ・・・・
「では、もし、看護以外のどんな仕事でも就いていいよ。
好きな仕事を選べるよ、と言われたら、
A君はどんな仕事に就きたい?」


A君「楽な仕事がいいです」
またまた、ありゃりゃ・・・
さっき人の役に立ちたいと言っていたのに。
「具体的にはどんな職業?」
A君「スポーツの監督です」
「へぇ、それはどうしてですか?」
A君「自分で動かなくていいから」
とっても純なんだけど、OUT!
さてさて、採用担当の先生になんて言おう?
不採用の結果を伝えに行かなくては・・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

時季なんだなぁ

今年の夏の猛暑と急に冷えてきた朝晩。

体調を崩している人がいるようだ。

職場でもマスク姿の風邪引きが数名出ている。

例年と違った気候になかなか身体がついて行かないのも当然かな。

・・・・

お彼岸になると、

やっぱりいつの間にか彼岸花の姿を見るようになる。

あの異常気象と言われた中で、

ちゃんとお彼岸に姿を見せにやって来る。

なんでだろう?土の中は熱かったにちがいない。

花時計がちゃんと働いているのだろうか?

不思議だ。

これも時季なんだなぁ。

・・・・

次男の連絡帳に

先生から赤字でコメントをもらった。

女の子にちょっかいを出したらしい。

保育園では、男の子・女の子を意識していなかった次男も

やっぱり女の子が気になりだしたんだ。

これも時季だなぁ・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

ミドリのおばさん

小学生の子供のいる家庭では、

登校時に横断歩道や交差点で

親たちが黄色い旗を持って

子供たちの安全を守る。

地区ごとに場所や当番回数が決まっているようだ。

・・・・

そういえば、僕が小学生だったころ、

確か「ミドリのおばさん」と呼ばれる人がいた!

登下校の時間に、学校の校門近くや

往来の多いところに

緑の服を着て、黄色い旗を持って

子供たちの安全を見守ってくれていた。

今はどうなったんだろう?

・・・

僕が担当する地域は7時45分から8時5分

この時間に2名の親が横断歩道に立ち

道路を横断する子供の安全を確認してから渡らせる。

でも、その時間帯にその場所を通る子供たちは

3人くらいしかいない。

このあたりでは、7時30分に家を出なくては

学校に間に合わないし、

僕らが旗を振っているときに

「おはようございます!」と元気に挨拶する子供は

たぶん、学校到着がギリギリじゃないのかな?

・・・・

もっと早い時間に旗振りをしようと

何度か地域の親たちの会議で

議題に出るそうだが、

その時間は母親にとっては

朝の一番忙しい時間だから

ダメだということになってしまうらしい。

???

月に1度くらい、早起きして

一番子供たちが多くいるときに

子供たちの元気な登校風景を

見守っても良いような気がするんだけどなぁ・・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (3)

月の砂漠?沙漠?

勝浦の海中公園の帰り、

もう少し、足を延ばし御宿まで来た。

「月の沙漠」のモデルになったのが、

この海岸だということを発見!

「月の砂漠」の砂漠は「砂」ではなく、

「沙」だったということも現地で発見!

・・・

その浜にカメが卵を産みに来るらしいが、

それをちゃんと守っている柵があるのも発見!

カメたちは

いつ、どんな風に来るんだろうか?

ぜひ見てみたい。

・・・

海岸では、ライフセーバーたちの大会が行われていた。

彼らは笛の合図とともに海に入っていき、

沖に待機している溺れ役の人を

いかに早く助けて戻ってくるかを競っていた。

へぇ、こういう大会があるんだ!

と横を見ると、

我子供達は、着替えを持ってきていないのに

3人とも服のまま、海に飛び込んでいた。

帰りの車の中、どうするんだ?

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

またまた発見!

館山で回転寿司に家族で出かけた。

実は、僕は回転寿司に行くのが3回目

最初は20数年前、

回転寿司が出来立ての頃

新宿で飲んでいて、

最後の仕上げのラーメンの代わりに

回転寿司に入ってみた。

青く光るパサパサしたマグロを食べた記憶がある。

もちろん、周りのお客さんは、

僕も含め、酔っ払ったサラリーマンがほとんど。

回転寿司にはあまりいい印象を持っていない。

・・・

館山の市内には、多くの回転寿司の店がある。

魚の本場、館山。

最近の回転寿司は、

結構おいしいよ!という周りの声に、

ついに、回転寿司に挑戦してみた。

発見!美味しいぞ!

戻りカツオOK!

さんまのにぎりも格別!!

ちょっと癖になりそうだ。

家族みんなが大満足!

・・・・

両親の家で発見!

母親の部屋にはゴザが敷いてある。

そのゴザにイタズラ書きを発見!!

まったくもう!である。

おまけに、赤と黒の油性マジックだ!

犯人は、次男(小1)!

小学校に入っても、これか!・・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (4)

発見!発見!千葉に行って発見!

連休は、両親の住む千葉県の館山に家族で出かけた。

ちょっと足を延ばし、勝浦にある「かつうら海中公園」へ行ってみた。

http://www.bay-web.com/leisure/katsuura/

ここでは、海中の魚たちを小窓から見ることが出来る。

水族館の魚は一生懸命

グルグル泳いでいる印象だが、

海の中の小さな魚は、泳いでいるというより

波に流されて、あっちに行ったり、

こっちに来たりという感じ。

流されながらも、

仲間はずれにならないように、

その時だけ、がんばって泳いでいるみたいだ。

なんだか、一生懸命泳いでいないなぁ

というのが、海中の中の発見!

・・・・

その海中公園の前に

「海の博物館」がある。

小さなスペースだが、

これが結構楽しめる。

へぇー!渦巻きの貝の中って

こんな風になっているんだ!

と、またまた発見!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

冷蔵庫の張り紙

我家には、冷蔵庫が2台ある。

一つは、キッチンに。

もう一つは、小さな冷蔵庫なので、

廊下に置いてある。

この小さな冷蔵庫は

ビールやジュース、チョコやゼリーなど

主に嗜好品を冷やしている。

・・・・

子供達には、勝手に冷蔵庫を開けてはいけない!

というルールを作っている。

妻は「この冷蔵庫は、お母さんの冷蔵庫です。

他人の物を勝手に開けてはいけません!」と

何度も言っているが、

子供達が守るはずもない。

・・・・

そこで、先日子供達に

「冷蔵庫を勝手に開けない!」って書いた張り紙を

自分達で書いて貼っておくように!と伝えた。

さっそく次男は一生懸命張り紙を書いていた。

いつまで、守られるのやら・・・

意味がわかっているのやら・・・

楽しそうに張り紙を書いているのが怪しい。

・・・・・

二日後には、冷蔵庫を開けた形跡を発見。

空になったマグカップの飲み残しの色が黒っぽい。

「何飲んだの?」と聞くと、

「コーラー」

「冷蔵庫を勝手に開けたんだね!」というと

長男は、次男が冷蔵庫を開けて、

コーラをくれたと主張。

長男は次男のせいにしながらも

喜んでしっかりと飲んだと

今度は次男が主張。

次男は自分が飲みたかったコーラを

長男にもあげて、罪を分け合おうとした。

だから二人ともルール違反!

・・・・

トイレからはゼリーの空袋が出てきた。

見つかると思って、トイレで食べていたのか!

空袋を片付けないと、ばれるゾ!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)