長男の剣がポッキリ!

夕食後

新聞を読んでゆっくりしていると

長男(小3)と次男(小1)のケンカが

いつものように始まった。

・・・

普段はそのままにしておくが

今日は長男が学校で作った剣を振り回している。

「危ないからやめろ!」と言うと

長女(4)に

「やめろ!じゃないでしょ。

やめなさい!でしょ」と諌められた。

「そうだね。やめなさい!」と言いなおすが

まったく聞く耳を持たない長男。

ますますエスカレートしていく。

・・・・

新聞を読んでいる僕の前に来て

剣を振り回し、

危うく僕の顔に刺さるところだった。

そのことに、つい僕は反応した。

「何をやっているんだ!」と剣を長男から取り上げ

その剣をテーブルに叩きつけてしまった。

・・・・

剣は一瞬で真っ二つに折れ、

それを見た長男

わぁー!と大きな声で泣き叫びながら

「何するの!折らなくてもいいのに!

運動会の時の剣だよ。

みんなでまた写真撮るかもしれないのに!」

と言う長男に向かって

「危ないだろ!」と僕

・・・・

妻はそっと剣を持ち

泣いている長男を別の部屋に連れて行き

修理し始めた。

・・・

かわいそうなことしたなぁ・・・

と思いながらも

長男に素直に謝れなかった。

・・・

翌朝、「昨日は剣を折ってごめんな。」

とまだ布団の中にいる長男を抱きしめながら謝った。

「大丈夫だよ。

剣、直してもらったから」と長男

「そうか。ごめんな」

・・・

それから、いつものように

長男とゴミ捨てに行った。

「今日はゴミがいつもの何倍もあるぞ。

車で捨てに行こうか!」と長男を助手席に乗せゴミ捨て場へ。

すると、次男(小1)が

泣きながら追いかけてきた。

しまった!次男を忘れた!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

頭を使わない?

子供達は

サンタさんからプレゼントされたDSを

十分に使いこなしているようだ。

・・・

箱から出した時

子供達は、説明書や保証書など

自分にはまったく関係ないという様子で

ゲーム機だけに一心不乱。

「説明書は後でわからないとき見るのに大切だから

ちゃんとしまっておきなよ!」

などと言う親の忠告は

あまり意味ないんだなぁ。

・・・

次から次へとボタン?スイッチ?を使いこなし

「カメラも付いているよ!」とか

「こんなこともできるよ!」と

教えてくれる。

こちらはプリンターひとつ

まともにセットアップできなかったのに。

・・・・

頭で理解しようとしていること自体

ちょっとゲーム機世代とは違うんだな。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

プリンターが何故動かない?

コーチングセミナーの時

僕は参加者にこんなことを聞くことがある。

「あなたは、家電製品を買ったとき

取扱説明書をじっくり読みますか?

それとも店員さんに聞きますか?

とりあえず、いじってみますか?」

・・・・

読んで理解するタイプ

聞いて理解するタイプ

とりあえず触って理解するタイプ

いろいろなタイプの人がいる。

その人にとって一番得意な方法を選べばいい・・・

と言っていた「とりあえず触ってみる」僕だったが、

最近は、さっぱりわからない。

・・・・

新品のプリンターを箱から出したが

取扱説明書としばらくニラメッコ

慎重にひとつひとつ進めたが、

「インストールできませんでした」

のコメントが冷たく画面に現れた。

何度も何度もチャレンジしたが

どうもよろしくない。

・・・・

年賀状どうしよう・・・

手書きかな?

インクジェットのハガキまとめて買っちゃったしな。

「インクジェット紙」って印刷してあるハガキに

手書きの年賀状だと、

やっぱり新年早々、

かっこ悪いなぁ・・・

と、もう一度取り扱い説明書を見てみた。

え!パソコンにインストールする前に電源入れちゃダメなの!

そんなこと、見やすいところに書いておけばいいのに!

・・・

箱を開けてから3時間!

タイプ別に一つ追加だな。

「他人にやってもらうタイプ」

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

プリンターのプレゼント!

どうもプリンターの調子が悪い。

4~5年は経つだろうか。

・・・・

もちろん、買って1ヶ月もしないうちに

我家のデストロイヤーたちの

的になったプリンター。

・・・・

せっかくスキャナーやコピーがついた複合機だったのに・・・

プリントするたびに

ガリガリと

プリンターでは普通考えられない音がした。

・・・

良く見ると

プリンターの隙間に

砂利??砂利が!!

・・・・

プリンターをひっくり返し

どうにか小石や砂を取り除いたが

ガラス面はギザギザの傷跡・・・

スキャナーやコピー機能は

一度も使えずじまい。

・・・・

印刷するだけで

4~5年がんばってきたこのプリンターも

とうとう寿命のようだ。

年賀状の印刷もあるし、

ということで、

妻がプリンターをプレゼントしてくれた。

子供達には絶対触らせないぞ!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

クリスマスの夜がやって来た!

クリスマスの夕方は

いつものように、保育園仲間

大人8名、小3の長男から2歳までの子供7名が

我家に集まり

クリスマスパーティを楽しんだ。

・・・・

僕へのサンタからのプレゼントは

あの博品館の

サーキット用の延長レール!

これでコースが少し長くなった。

いつしか、博品館のようなコースを作りたいなぁ。

と思いつつ、集まった大人も子供も

結構、レーシングカーを楽しんでいたようだ。

・・・・

仕事の関係で途中遅れてきたTさん。

サンタの格好でやって来た。

子供達にプレゼントをもってきてくれたようだ。

でも、インターホンをピンポーンと鳴らして

玄関から入ってきたが、

次男が言うには、

「サンタさんは4次元の世界の人だから

玄関をスゥーとすり抜けるはずだよ!」

ちょっとインチキっぽいサンタさんだったが、

子供達は大喜び!

・・・

PSPがサンタさんからプレゼントされず

大いにヘソをまげていた長男(小3)も

いつの間にか、次男(小1)と

順番を決めながらDSで遊んでいた。

ちょっと様子を見るか・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (4)

プレゼント(6)~サンタは困った!~

クリスマスの朝

長男(小3)がいつもより早起きし

枕元をゴソゴソし始めた。

「ない!ない!」とちょっと慌てている。

昨年は玄関に置いてあったことを思い出したようだ。

玄関に駆け下り

「わぁー!サンタさんから届いている!

サンタさんの写真つき手紙だ!

わぁー!わぁ!」とそれは大きな声で興奮している。

・・・・・

ところが、プレゼントを開いてみると

DSが出てきた。

・・・・

実は次男(小1)はDSが欲しい!

長男は別のメーカーのPSPが欲しい!

とズゥーと言い続けていた。

我家のサンタさんは、

いつもプレゼントは二人でひとつ。

ケンカしようが、

取り合おうが、

話し合おうが、

それは二人で決めること。

それにサンタさんは

ゲーム機の違いを良くわからない。

DSのプレゼントは、

きっと二人とも満足するだろう。

そう思っていた。

・・・・

でも、長男が欲しい!と言っていたPSPではなくて

次男のDSが来た。

「PSPがないよ!

サンタさんは僕のを忘れたのかな?

PSPが欲しいよ!」

長男はだんだん暴れだした。

長男を呼び寄せ、

「いつもプレゼントはひとつだろう?

二人で遊ぶようにサンタさんがプレゼントもってきてくれたんだよ。

DSでもPSPでも遊べるだろ?」

「なんで僕がお願いしたのが来ないの!!?」

「サンタさんは僕のことが嫌いなの!!?」

「来年はサンタさん、来なくていい!!」

するとそれを聞いていた次男は、

「一緒に遊ぼう。

5分ずつ交代に遊ぼうよ」と長男に話しかけた。

・・・・・

・・・・困った。・・・

DSをプレゼントすれば

喜んでくれると思ったのに

とんだことになってしまった。

PSP,お店では「完売」って張り紙があったしなぁ・・・

そのうち、ふたりであそぶかな?

Filed under: 子育て — oisi  Comments (4)

(5)プレゼント~どれを買うの?~

仕事の帰り

妻と待ち合わせて

大手家電量販店へ行った。

僕は長女(4)を保育園に迎えに行ってから

待ち合わせ場所に行ったが

長女は「何買うの?」としきりに聞いてくる。

「冷蔵庫と洗濯機を見に来たんだよ」とごまかしながら

ゲーム機が置いてあるところにやって来た。

・・・・

どれを買うんだろう?

まったくゲームをしない僕には

どれを買えばよいのか、????だ。

近くにいるスタッフに声をかけた。

「子供のクリスマスプレゼントなんです。

DSが欲しいって言っているんですが

どれがDSですか?」

携帯電話のロゴ入りジャンパーを着ている

そのスタッフは、カウンターの奥に行き

確認してから、

やさしく教えてくれた。

たぶん担当が違うんだろうなぁ。

・・・

丁寧に一つひとつ対応してもらい

「ゲーム機とこのソフトですね。

今だとセット価格で安くなっています。」

「包装紙はどれがよろしいですか?」

「リボンの色は青と赤、選べますが」

子供のプレゼントを選んでいながら

だんだん自分がワクワクしてくるのが、わかった。

クリスマスイブの夜

子供達は

「今日は寝ないぞ!」とがんばっている。

僕は宿直明けの翌日ということもあって

眠い!

サンタさんとは夜中起きて挨拶しよう。

と、子供達よりも早く寝てしまった。

・・・・

夜中の2時に妻に起こされ

サンタさんからのお手紙を書き始めた。

すると、下の階でゴトゴトと物音

妻は長女がトイレに起きたんだと言って

様子を見に行った。

ところが、

長男(小3)がサンタが来たか

起きて確認をしているようだ。

サンタからの手紙も

プレゼントもまだ枕元には

用意していない・・・・

まだだね!って言っておこうか。

危ない!危ない!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

プレゼント(4)~ついにサンタの気持ちは固まった!?~

どうしてもゲーム機には

賛成できない僕と

ゲームを買ってもいいんじゃないかという妻

・・・・

しばらく考えていた。

・・・

ゲーム機を「悪」と決め付けること

ないかなぁ?

ダメダメと子供達に

近づけないことが

果たして良いことなのか。

それと、どのように付き合うかを

覚えていくのも、一つじゃないだろうか。

ダメなものを排除するだけが

方法ではないよな!

・・・

この一週間

親として、たくさん悩んだ結果

子供たちにゲーム機をプレゼントすることにした。

・・・・

子供達にはサンタさんへ

お約束の手紙を書いてもらおう。

サンタさんからも

子供達とのルール巻物を

プレゼントに付けておこう。

・・・

さて、そうなると

サンタさんの買出しだ!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

プレゼント(3)~次男からサンタさんへのプレゼント~

子供たちを学校へ送り出すと

玄関になんだか不思議な物が・・・・

良く見ると、

ビーズが輪っかになって

手紙のようなものが置いてある。

・・・・

差出人が次男(小1)の名前になっている。

マジックでサンタさん宛てに書いた手紙のようだ。

そっと、手紙を開いて読んでみた。

サンタさんにビーズをプレゼントするので

ぜひ、DSをプレゼントして欲しい!ということが書いてある。

サンタさんへのお願いを

次男なりに形にしてみたんだ!

・・・・

そういえば、昨夜次男は

ビーズを一つひとつ糸に通していた。

妻と二人でその手紙を見て

思わず微笑んでしまった。

・・・・

次男は、サンタさんに本気で手紙を書いたんだ。

そして糸にビーズを通していたんだ。

なんだか、かわいらしいなぁ。

DSかぁ・・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

プレゼント(2)~子供が小さな頃のプレゼント~

昨夜話した子供たちのプレゼント

まだ迷いながら、

仕事に向かった。

・・・・

職場の若いスタッフの子供さんは

まだ3歳くらい。

「何を欲しがっている?」と訪ねると

「トーマスに夢中なんです。

だから山を登る機関車トーマスを

プレゼントしようと思って・・・」

なんてかわいいんだ!!

山を登るトーマス!

かわいいなぁ!

・・・・

そういえば、長男と次男が

まだまだ小さな頃

「お家ごっこ」が大好きだった二人に、

なんとログハウスをプレゼントしたことがあった。

近くのホームセンターで見つけた

ログハウス。

きっと子供たちも喜ぶぞ!って

妻と話しながら買った覚えがある。

・・・・

さっそく子供達にプレゼントすると

楽しそうに遊んでいる。

屋根に登ったり

家の中にもぐりこんだり、

「どうだ?君達のおうちだよ!」と言うと

「楽しい!これ犬のお家でしょ?」

え!何?犬小屋って

ばれていたんだ・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)