雨の日の旗振り

小学生が登校する時間
交差点や横断歩道で
父母たちが毎日交代に
交通安全の黄色い旗を振っている。
・・・

我家にも月に一度くらい
旗振りの順番が回ってくる。
・・・
昨日の朝は旗振り当番
前の日からの雨が
朝になっても降り続いている。
・・・
道路を挟み
横断歩道の両側に
それぞれ黄色い旗を持って
子供たちの登校を見送る。
・・・
低学年の黄色い傘に
上級生の個性が出ている傘


みんな元気に
朝の挨拶をしていく。
・・・
横断歩道までやって来て
車が通り過ぎるのを
ジィーと待っている。
なかなか感心!感心!
・・・
そんな中、
横断歩道から
はずれた場所で
車が通り過ぎるのを

ジィーと待って
さっさっと
渡っていく黄色い傘

危ないなぁ!!

誰だ!!

・・・
でも、もしや?!
やっぱり!!
我が家の次男(小2)だ。
まずいなぁ。
・・・
お父さんが旗を振っているんだから

ちゃんと横断歩道を渡ってくれよ!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

女の子のあそび

年中クラスの長女(4)のところへ
ひとつ年上の女の子が遊びに来た。
・・・・
女の子同士の遊びは
長男(小4)と次男(小2)の
男の遊びとはまったく違う。
ぬいぐるみを部屋中いっぱいに広げ
「ごっこ」遊びが始まったようだ。
・・・・
それぞれの役割を決めるのも
保育士役になったり
園児役になったり。
・・・・
絵本をぬいぐるみに
読んで聞かせている姿は
保育園の保育士そっくり!
・・・・


ぬいぐるみにタオルをかけ
寝かせ始めた。
トントンとぬいぐるみを叩きながら
子守唄を唄い始める。
・・・・
ところが、突然
「何時だと思っているの!
早く寝なさい!」
「まったく、もう!
何度いってもわからないんだから」
あれあれ・・・
どこかで聞いたセリフ。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

タマネギ炒め

小雨が降る土曜日の午後
昨日、妻が買ってきた
大玉の新タマネギを
無性に炒めたくなった。
・・・・
タマネギを炒めるのに
どんなBGMにしようか?
ガンガンと炒める感じで
レゲーの「サードワールド」かな?

ゆったりとした雰囲気で
「カーペンターズ」かな?
まずは、CD選びから。
・・・・


オリーブオイルを熱した6リットルの鍋に
スライスしたタマネギ3個を放り込む
水分をたっぷり含んだタマネギは
鍋の底でジューと勢い良く
おいしそうな音を立てる。
・・・・
しばらく炒めていると
新鮮で真っ白なシャキシャキタマネギが
ゆっくりと柔らかくなり始める。
その時、音が微妙に変わり、
タマネギの甘い香りがしてきた。
少し火を弱めよう。
・・・・
木杓子でタマネギを
鍋底に広げては
サッサッサっと
切るように炒める。
その繰り返し。
いつの間にか
BGMも耳に入らなくなっていた。
・・・・
音と匂いと色の変化を見ながら
ただただ
鍋底のタマネギを炒める。

・・・・
時計を見ると
いつの間にか1時間
色々なことを考えながら
でも、何を考えていたのか
記憶にない。
・・・・
鍋底のタマネギを
ひたすら見つめていた時間だった。
・・・・
さて、黄金色になったタマネギ

作る料理も決めないまま

ただ炒め始めたタマネギ

なんの料理に使うかな?

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

モノサシの話

長男(小4)の宿題に
分度器を使って角度を調べる課題が出ていた。
・・・・
分度器やコンパス、三角定規の道具を
使うようになってきている。
子供たちも成長してきているなぁ。


・・・・
僕が小学校のとき
竹でできた30cmモノサシがあった。
表面に小さな四角の刻印が押されて、
その刻印があるモノサシが
ちゃんと認定を受けている印だった。
・・・・
先生からこんな質問があった。
「なぜモノサシが竹でできているか?」
小学生だった僕は
???
わからなかった。
・・・・
竹は温度に左右されず
メモリが一定だから。
というのが答えだった。
へぇー!と感心した覚えがある。

・・・・
中学1年生のとき
技術工作の時間で
金(カネ)でできた物差しを使うことになった。
技術の先生からこんな質問があった。
「金は熱で膨張するのに
なんで金のモノサシを使うの?」
??????
小学校のとき教わったこととは違う。
膨張してはまずいよなぁ。
・・・・
隣の席の小林繁尚くんが
スゥーと手を上げ答えた。
「測る物が膨張する鉄のとき

金製のモノサシも一緒に膨張するからです」
「正解」
へぇ?!!
まったく想像がつかなかった僕は
ただただ小林君の顔を見るだけだった。
・・・・・
子供たちにも
同じ問題出してみようっと!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

五月晴れ・五月雨

5月も下旬になると
梅雨空を想わせる日がある。


・・・
中学の国語の時間でのこと
松尾芭蕉の俳句に
「五月雨を集めて早し最上川」という句があるが、
実は芭蕉は
最上川を見る前に
「五月雨を集めて涼し最上川」
という句を作っていたらしい。
頭の中で想像した最上川の句だ。
・・・・
ところが、最上川を芭蕉が実際に見るや
あまりにも川の流れが速いことに驚き
「集めて涼し」を
「集めて早し」に変えたと
国語の教師が言っていた。
・・・・
「五月晴れ」という言葉も
本来は旧暦での5月
梅雨空の合間の青空のこと
そんなことも教えてもらった。
・・・
窓の外は、どんより。

5月の晴れ間がいとおしい。

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

先生と次男(小2)、どっちの勝ち?

漢字の宿題で

次男(小2)は、「聞く」を3回書くところを

1回「間」と書いて

先生が気づくか試したとブログに書いた。

http://www.being-oisi.jp/?p=7180

・・・・

その宿題が帰ってきた。

プリントを見ると花丸がついているが

ちゃんと「間」を「聞」に赤字で訂正されていた。

・・・・

先生は、しっかり見ていたんだ。

これは先生の勝ちだな。

とプリントの上を見ると

「名まえ」の欄には

やっぱり次男の名前が書いてあるだけで

苗字の「大石」が書いてない。

http://www.being-oisi.jp/?p=7150

大石は苗字で名前じゃないと言い張っている次男

何度か先生に指摘をされているようだが

次男なりに、何かこだわりがあるのか・・・

それでまだ、がんばっているようだ。

なかなか次男もやるなぁ!

これはどちらが勝つか

ちょっと様子を見てみることにしよう。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

先生を試すの?

次男(小2)の宿題
習った漢字を書く練習。
・・・・
ちゃんと書くと
しっかりした字を書く次男
ところがプリントを見てびっくり
あまりに雑に書いているので
呆れてしまった。
・・・・
次男に提案してみた。
「この前しっかりと書いたのが
100点だとしたら
このプリントの字は30点だな。
もう一度書いてごらん」と
1行を消して書き直させた。
・・・・
実に丁寧に書いていた。
「3年生が書いたみたいだよ!」と言うと
次男は次から次へと書き直し始めた。
・・・
全部を書いたと言うので
プリントをチェックした。
「聞く」と言う字を3つ書く欄を見ると
「聞く」「聞く」「間く」
と書いてある。
あれ?最後の字は「聞く」じゃない。
「門」に「耳」じゃなく「日」?


・・・・
次男に聞いてみた。
「なんで『日』なの?」
「ひとつだけ違う字を書いてみた。
先生は間違いを見つけられるかな?」
「先生に間違い探しさせるの?」
なんという生徒だ!
先生もちゃんと気づいて×してくれるといいなぁ。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

ハンカチは子供達からのプレゼント

日曜日の夕食は
僕の誕生日ということで
僕は外食を希望した。
・・・・
外食といっても
徒歩5分、近所の食堂
そこのメンチカツ定食とビール
それにお新香をつまみにできれば
こんな贅沢はない。
・・・・
家族みんなで
僕の誕生パーティーは
その食堂でラーメン、チャーハン、焼肉定食・・・
それぞれが好みのメニューを注文
・・・・
おいしかった!!満腹!満腹!
そして贅沢!贅沢!
そんな思いで
家に帰ると
子供たちが
なにやら一列に並んで
僕の前にやってきた。
・・・・
「お父さん、お誕生日おめでとう!」
子供たちがニコニコしながら元気な声で

誕生日のお祝いを言ってくれた。

そしてプレゼントをちょっと照れながら

僕に渡しに来た。
子供たちが選んでくれたのはハンカチ

僕の好きそうな柄を選んでくれている。

そのハンカチには
子供たちの手作り手紙がついてきた。
・・・・
長男(小4)は毎日学校に行くとき
長男の姿が見えなくなるまで見送る僕の笑顔が
一日元気になるって書いてきた。

そんな風に思っていたのかぁ。
まいったなぁ!!

・・・
次男(小2)は、また来年
誕生日のお祝いをしようね!って

一生懸命書いてきた。
健康で長生きしなくては!


・・・・

お父さん、うれしくて

君たちの手紙が

なんだか最後まで

読めなそうにないよ。
・・・・
君たちの選んだハンカチ
今、使わせてもらうね。
ありがとう!!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

プロモーターはサプライズが大好き

日曜日の朝
玄関のチャイムが鳴った。
妻と子供たちが玄関に向かう。
・・・・
宅急便屋さんのようだ。
「ねぇ!お父さんの荷物だよ!」
と子供が大きな声で僕を呼ぶ。
・・・
玄関に行ってびっくり!
大きな大きなダンボールが届いた。
「誰から?」
送り主は僕の知らない会社名になっている。
・・・
心当たりがない・・・
何?
もしや爆弾?
まったく心当たりがない。
内心ビクビクしていると
妻が「開けてみなよ!」
・・・・
宅急便屋さんが玄関で待つ中
その大きなダンボールを開けてみた。


・・・・
わぁー!
中からバルーンが
フワリ・フワリと登場してきた。
びっくり!!
子供たちも大騒ぎ
・・・・
メッセージを見ると
僕のコーチから
誕生日プレゼントだ!
やるなぁ!
さすがプロモーターのコーチ
お祭り騒ぎが大好きで
人を驚かすことが大好き
そんなプロモーターのコーチから
それを心から喜んでしまう
プロモーターの僕へのプレゼント
・・・・
あれ?あれ?あれ?
いつの間にか
僕へのプレゼントのバルーンは
片手に武器を持った子供たちの
敵になっている。


大きなダンボールは
カッターで穴が開け
ガムテープで加工して
子供たちの
基地になっていた。

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

昭和33年の誕生日

長男(小4)が金曜日の朝、
「お父さん、日曜日はお父さんの誕生日だね。
僕その日サッカーだから
帰ってきたら、お祝いするね!」
と言い、手を振りながら学校に向かった。
・・・・


そうかぁ、
誕生日だった。
自分の誕生日を
決して忘れたわけじゃないけれど
長男に言われて
「あっ!そうだった!」という感じ。
・・・・
今年で53歳
ようやく人生の折り返し地点にやって来た。
残り50年の始まりだ。
・・・・
僕が生まれた昭和33年
日本初の即席ラーメン
あのチキンラーメンが生まれた。
たまに食べると実に美味しい!
・・・・
日本初の缶ビールが生まれた。
毎日飲んでも実に美味しい!
・・・・
日本初の1万円札が生まれた。
そのときは聖徳太子
今は誰だったか、
久しく会っていないので忘れた。


・・・・
そして33年生まれで333mの同級生
東京タワーが生まれた。
時代は流れていったけれど
これからお互い
良い味を出して行こうね!!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)