車は走ればいい!?

わが愛車も走行距離が

すでに16万kmを越えた。

それでも順調に走っている。

少々いろいろなところにガタが来ているが

走れば、それで十分!

・・・

メーターの付近の警報ランプが

ズゥーと付いているが

走ればそれで十分

・・・

先日は左側のドアロックが

効かなくなったが

いつの間にか、

気付かないうちに直っている。

走ればそれで十分

・・・

今度は左側のドアミラーが

閉じなくなった。

家からの路地は

ギリギリの広さなので多少苦戦する

そこで手動でドアミラーを強制的に閉じた。

閉じればそれで十分

でも困ったことに開かなくなった。

一旦、車を降りて

ドアミラーを手で開いた。

これまた走れば十分

・・・

20万km位までは

こんな調子で走ってくれることを

祈るばかり!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

弁護士ってどんな仕事?

夕食のひととき

長男(小5)が

「僕は探偵になりたい!」と言ったのを聞いて

妻は「弁護士があっているかもしれないよ!」とひと言

・・・

僕の従兄弟の話をした。

「お父さんの従兄弟に貴昭おじさんがいるだろう?

あのおじさんが弁護士なんだよ」

「弁護士ってどんな仕事?」と聞く長男に

「裁判って知っている?

もし泥棒をした人がいて

その人が本当に泥棒をしたかどうか

もし本当に泥棒をしたんだったら

その理由があるかもしれないって

弁護してあげる人が弁護士なんだよ」

と言うと

・・・

長男は「へぇー面白いね!」と興味を示したが

次男(小3)は

「僕は弁護士には、なれないよ!」とはっきり言った。

「なんで?」と聞くと

「だって僕は

泥棒の方になるんだもん!」

将来は泥棒と弁護士の父親か・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

デフォルトってそういう意味だったのか!

職場で若いスタッフたちが

「それってデフォルトの状態ですね」

と何気なく平然と会話が進むことがある。

・・・

デフォルト?

よく耳にする言葉だが

どんな意味なんだろう?

正直、着いていけていない。

・・・

「デフォルトって、どう意味?」

こんな時には、知ったかぶりせず

聞いてしまった方がいい!

・・・

「初期設定のことです。

最初の設定から何も変更していない状態ですね」

若いスタッフのわかりやすい答えに納得!

・・・

そうかぁ!

デフォルトって

初期設定かぁ!

・・・

それってパソコンだけじゃなさそうだ。

僕がなんとなく

いい加減なのも

片づけが苦手なのも

生まれたときから

初期設定のままの

デフォルト状態だったのか!!

・・・

なんだか納得してしまった。

でも、パソコンと違うのは

子供達にも

デフォルトが遺伝すること。

特に次男(小3)には

強烈に遺伝してしまったようだ。

デフォルトの意味はわかったが

どうやって解除するか?

その方法は教わらなかったぁ・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

夏休み最後の儀式?

いよいよ夏休み最後の日

この日は日曜日

・・・

次男(小3)は午前中サッカー

練習が終わり、次男が

友達とこれから遊びたいと言い出した。

・・・

「夏休みの宿題は?」

「終わった!」

「終わった?毎日書く一行日記が

8月15日から書いてないぞ!」

「そう?」

・・・

まったく気にしてないようだ。

僕は宿直でそのまま仕事場へ

・・・

その後、どんな状態になったか

翌日宿直明けで妻に聞いてみた。

・・・

一行日記のほかにも

やっていない宿題が

次から次へと出てきたようで

夜遅くまで宿題と格闘

でも終わらず

始業式の朝

残りの宿題をやっていたと言う。

・・・

でも7月中にやっておかなければいけない

学校へ行っての「植物観察」だけは

今となっては「チ~ン!」

手遅れ。

さて、どう担任に言い訳をするのやら

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

最後の盆踊り

金曜日は病院の夏祭りだったが
祭りの日程が決まる前に
予定を入れてしまったので
今回は参加できなかった。
・・・
病院に入社して14年目
初めて祭り不参加だった気がする。
・・・
そして翌日の土曜日は
長女(6)の通う保育園の納涼祭
こちらも朝から夕方まで
予定が入っていて
やぐらを立てたり
模擬店の準備にも
参加できなかった。
・・・
車を飛ばして
保育園に到着したのは
すでに日も暮れ
納涼祭も盛り上がっている時だった。


祭り好きの僕としては
やっぱり準備から参加しなくっちゃ!!
・・・
そして保育園の納涼祭も
小学校5年生の長男が1歳のときから
次男(小3)、長女といつのまにか10年
それも今年が最後の年

盆提灯の灯りに照らされたやぐらの上で
職員や父母の
笛や太鼓の元気で時折拍子がはずれる

まつり囃子に乗って
長女と最後の盆踊りを楽しんだ。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

「ひたい」に似た言葉は???

次男(小3)の夏休みの宿題の答え合わせ

算数と国語のドリル

次男が寝てからゆっくりと

答えあわせを始めた。

まずは算数から。

時折、簡単な計算ミスがあるけれど、

まあまあかな?

・・・

次は国語

最初は漢字の書き取り

跳ねているところが

跳ねていないとバツをつけた。

・・・

ところがだんだん問題が進むと

跳ねているとか跳ねていないということが問題ではなく

見たこともない次男自作の漢字が出始めてきてしまった。

???

「こうてい」を漢字にする問題

「校」は書けているが

「庭」という字が

「寸」偏に右が「分」

「寸分」???

なんじゃ?この漢字?

どこからこの字が出てくるんだ?

細かくまじめに採点しているのが

バカらしくなってきた。

・・・

次は「つい」に似た意味の言葉は?という問題

解答書には「うっかり」「思わず」と例が書いてある。

次男の解答には「づい」って「つ」に点々を付けてある。

それって、見た目が似ているだけだろ!

似てるけど、バツ!

・・・

2問目は「ひたい」に似た意味の言葉

解答書には「オデコ」

次男の解答は「したい」

死体???

それって音が似てる言葉だろう!

意味が似ている言葉だよ!!

次男には「きたい」しているが

「りかい」するのが難しいのかな?

「したい」は「いたい!」なぁ・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

盆提灯を作った!

長女(6)を次男(小3)と一緒に

保育園へ迎えに行った。

・・・

長女のクラスでは

納涼祭に使う盆提灯を

親子で作っていた。

・・・

枠組みをノコギリで切り

それを釘を打って組み立てる。

出来上がった枠に

園児たちが描いた絵を

貼り付けると完成!

・・・

それを親子で作るのが

この保育園の特徴

用意してある木を出してくると

次男がさっそくノコギリを手にする。

園児たちの母も

次男のノコギリさばきを見学

・・・

次は組み立てのための釘打ち

トントトトン・トントトトンと

リズム良くトンカチを打つ

周りの園児たちの羨望のまなざし

それにつられて長女も

「やらせて!」とトンカチ挑戦

最後に長女の絵を張って完成!

今週末には、

我家にとって最後の保育園納涼祭だぁ。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

あんなに嫌いだった水泳が好きになった?!

子供達の夏休みも

そろそろ終わりを告げようとしている。

・・・

宿直明けで昼過ぎに家にいると

小学校のプール検定から帰って来た5年生の長男の

「お父さん!3級合格したよ!!」

とニコニコしながらの大きな声

「そうかぁ!3級合格したのか!

スイミングスクール続けてきたから

その成果が出たんだね!」

・・・

昨年の夏まで長男は

どちらかというと「水」が苦手。

授業で水泳の時間がある日の朝などは

朝食の時から

体の不調を訴えることがよくあった。

それでもどうにか6級をとってきた。

・・・

それが、昨年の秋

学校ではプールの授業も終了してしまった時期

その当時、小学校2年生だった次男が

スイミングスクールに通いたい!という希望から

次男がスイミングスクールの体験入学した。

・・・

そのとき入学オマケの水泳バッグが

どうしても欲しくなった長男が

ついでに一緒に入学してしまったという経緯がある。

・・・

その長男がこの9月でスイミングスクール1年

毎週通い続け、

今はクロールを学んでいる。

・・・

「この一年間で、何が変わったのかな?」と長男に聞くと

「・・・ん・・・泳ぐのが面白くなった!」

「へぇ!じゃぁ水が怖いということもなくなっているのかな?

だって6級が目標の3級になったんだもんな!」

「そうだね。6級が3級になったよ。水も大丈夫だよ」

「よく続けたね。続けたことが金メダルだよ!」

長男は満足そうに「2級も行けるよ!」と自信満々だった。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

長男とのひと時

日曜日の夕方

日も暮れかけてきた頃

「どこかに出かけようか?!」

と提案した。

・・・

一度行ったことのある庭木が豊富な

ホームセンターへ家族みんなで繰り出すことにした。

・・・

いつもは助手席は「妻の席」

と決めてあり

子供たちが助手席のドアを開けて

乗り込んで来ても

追い返してしまう。

・・・

「ここはお母さんの席だからダメ!」

「なんで、いつもお母さんなの?ズルイ!」

と子供たちは口を尖らせて文句を言うが

「この席はお母さんの席って決めてるの!」

と子供たちを退けてしまう。

子供たちもそれを承知の上で

リクエストしてくるのだが。

・・・

その日も長男(小5)が

サッと助手席のドアを開け

滑り込んできた。

・・・

たまには、長男とゆっくり話をするかぁ

と決め、妻には後ろの席に行ってもらった。

・・・

ホームセンターまでの4~50分

長男にとって珍しく貴重な助手席の時間

「ねぇ、お父さん!

僕、お金を貯めて家を買おうと思うんだ!」

「へぇ!どうしてそう思ったの?」

・・・

「ねぇ、お父さんは、いつごろから

本が好きになったの?」

「そうだなぁ・・・大学の頃かな・・・」

・・・

「ねぇ、この前テレビでね・・・」

と次から次へと

話題もいろいろな方向へ飛躍しながら

休みなく長男が話しかけてきた。

・・・

このところ、ゆっくり長男とも話をしていなかったかな?

長男だけではなく、次男とも話す時間を

取っていなかったかもしれないなぁ。

・・・

夕食を食べての帰り道

長男は穏やかな表情だった。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

我が家の主人はハムスター?

館山から戻って来ても

我が家はやっぱり

2匹のハムスター中心になっている。

・・・

不思議なもので

2匹のハムスターが喧嘩をすると

先に買ったハムレットの肩を

子供たちも持つようで

あとからやって来たハムスターを

「なにやっているんだ!」と怒っている。

そんなものかなぁ?

・・・

子供たちはハムスターをカゴから解き放ち

自分たちでハムスターの家を

階段に作り出した。

「どうやって、お父さんは2階に行くんだ?」

と聞いても、「ダメ!ダメ!

ハムレットたちの家があるから!」

と、まるでハムスターが家の主人のようだ。

・・・

かわいい我が子に呼びかけるように

「おー!お腹空いたか?」

と長男(小5)がエサをやっていると

妻までも「ダルビッシュ!」と

あとから買ったハムスターに声をかけている。

ダルビッシュ???

1匹目がケンジで

2匹目がダルビッシュ???

・・・

子供たちは1匹目を「ハムレット」

2匹目を「ハナハム」と呼んでいるのに?

我が家で何が起きているんだ???

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)