駐車場、どこに留めたかわからない?!

学生時代

本場アメリカのディズニーランドに行った時のこと

・・・

アメリカに住んでいた従姉妹と

僕が借りたレンタカーで出かけたが

駐車場に着くや

はやる気持ちを抑えきれず

入り口まですっ飛んで行き

ディズニーの世界へ!

・・・

そこは、本当に夢の世界!

朝入場して

気がつくと、もう帰る時間

後ろ髪を引かれながら

駐車場へ

・・・

あれ?この辺に留めたはずの

僕のレンタカーがない!

ない!ない!ない!

・・・

従姉妹と探したが

ない!ない!ない!

アメリカは物騒なところだから

盗まれたか?!

・・・

1時間近く探した時

「あった!」の従姉妹の声

なんで、そこにあるんだ?

頭の中は混乱状態

・・・

たぶん、来た時と帰る時と

自分の中で景色を整理できていなかったのかもしれない

と冷静に考えると、腑に落ちる

・・・

それからというもの

車を駐車場に車を止めるときは

番号があるときは

駐車券に番号を書いたり

番号がないときには

周りの景色を見回して確認する。

でも、先日の駐車場で

隣の車の人がデジカメで

自分の車と番号を撮っていた。

そうかぁ!この方法があったのか!!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

次男(小3)の脳は活性化?!

(昨日の続き)

100個の単語が20個ずつ

5列に書いてある。

これまた、まったく脈絡のない

アトランダムな単語の羅列

・・・

土曜の夜、

次男(小3)に1列目の20個の単語を

僕がイメージした単語像で

順番に言っていった。

・・・

「フライパンが・・・・」

「そして新聞」・・・

20個の単語を言い終え

次男に聞いてみた。

・・・

「何が見える?」

「フライパン!」

「それから?」

「新聞!」

と次から次へと

今僕の言った単語が

難なくスラスラ20個出てきた。

・・・

「すごいなぁ!」と思わず感嘆!!

子供の何も邪魔されない脳の威力をまざまざ見た気がする。

・・・

・・・

翌朝、次男が「お父さん!怖い夢見た!」

「どんな夢?」

すると次男は「フライパンの上で新聞が燃えているんだ!」

「わぁ!それで?」

「カギと寿司が本棚で!」

すべて20個の単語で構成された夢だった。

・・・

・・・

そして1日経った月曜の朝

次男に聞いてみた。

「まだ、覚えている?」

「ん!」と言ってスラスラ20個の単語が出てきた。

「逆に言えるかい?」と尋ねると

「えーと、『化粧品』『和服』『ペットボトル』・・・」と

これまた20番目から1番目までスラスラ

・・・

東田一人さんの言うイメージで覚え

長期記憶へ入れてしまうって

本当だったんだ!!

・・・

今回の研修は

けして記憶術の研修ではなく

脳を活性化させると

今まで出来ないと勝手に決めていたことが

できる!という意識に変わり

「覚えられる!」という気持ちを

僕自身の中に出てきて本当に覚えられたことが

何よりもの成果!

・・・

それじゃ、AKB48のメンバー全員の顔と名前

これを覚えてみるかな!

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

東田一人(あずまだひとり)さんの研修でびっくり!

週末の土日の2日間

アクティブ・ブレインの研修に参加してきた。

アクティブ・ブレインって脳の活性化だ。

・・・

まず、講師の東田さんがひとつの単語を言って

数秒後に次の単語を言っていき

次から次へと

合計で20個の単語が出てきた。

それを目をつぶって聞くだけで覚えるのだが・・・

問題に出された単語はまったく脈絡もない「野口英世」「あざらし」

「メロン」「空」「オバマ大統領」・・・こんな単語

・・・

順番と単語の両方があっていれば2点

単語は合っているが順番が違うと1点

合計40点満点のテスト

・・・

結果、僕は17点と惨敗!

単語は14個覚えていたが

順番がデタラメで最初の3つしか当たっていない。

・・・

次は講師の東田さんがチャレンジ

参加者が思いつきで発した単語を

次から次へ頭の中に入れていく東田さん

たとえば、参加者から「下仁田こんにゃく」や「国定忠治」など

群馬に関係する単語や

僕は「池上線」、別の人は「ガラパゴス海オオトカゲ」

など様々な単語が参加者から出された。

・・・

全く違う20個の単語を聞いて

すぐさま、東田さんは、

スラスラ順番も間違えず20個の単語を

みんなの前で言って見せた。

・・・

えー!?

すると今度は20番目から逆に1番目へ!

これも難なく言えた。

「14番目は?」の参加者からの質問に

「スナフキン!」

「てんとう虫は何番目?」という質問には

「8番目!」

全て正解!

・・・

これが二日間の研修で我々全員ができるという・・・

本当???

と、戸惑いながら研修を受けると

なんと、なんと16名の参加者全員が

一日目最後には、

参加者がペアになって出し合った20個の単語を

スラスラ覚え、その場で言えることができていた!

・・・

そして明日までの宿題として

100個の単語が書かれた

一枚の紙をもらった。

え!100個?!

それも逆からも言えるように?!

「1時間でできます!」と東田さん

本当に、本当?

・・・

家に帰り、さっそく宿題を出して準備開始

そこへ、次男(小3)がやってきたので

20番目までの単語を

僕が学んできた方法で

順番に試しに次男に言ってみた・・・

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

次男の詩は感性たっぷり?!

小学3年生の次男が

学校で詩を書いたから見て!と

原稿用紙を持ってきた。

・・・

題名が「冬」

・・・

冬になると雪がふる

いろんな所に雪がふる

時間がたてば山になる

冬になると雪がふる

家の屋根にも雪がふる

ぽろぽろぽろぽろ雪がふる

冬になれば雪がふる

畑も屋根もまっ白だ

どこもかしこも雪だらけ

・・・

なかなかリズムのある詩だし

感性豊かに書かれているかな。

それに雪の降る擬態が「ぽろぽろぽろぽろ」と言う表現も独特

「この詩を書いてみてどうだった?」と次男に聞いてみた。

「時間がたてば山になるって、

ちりも積もれば山になるを真似したんだ!」

そういうことだったのかぁ・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

顔にも頭にも出ないタイプ!

長男(小5)長女(6)がインフルエンザになり
生活のリズムが変わったり
予定が変更された。

・・・
研修依頼を受けていた福祉施設には
万一、院内感染になるとまずいからと
研修を延期してもらった。
子供の看病をするため
妻が金曜日の午前中仕事を休んだり
来週の月曜は僕が午前休みを申請したり
・・・
そんな中、コーチの仲間に
家族が2名インフルエンザのため
電話会議延期の連絡を入れた。
・・・
「大石さんも、きっと感染しているんだよ。
でも、それが発症していないだけじゃないかな?」
「確かに、少しお腹が痛かったり
頭が重い時があるけど、
葛根湯と黒酢が効いて
それだけで終わっちゃう・・・」
・・・
「葛根湯はインフルエンザに効かないけれど
持っている免疫力が強いんだ!
感染は誰でもするけれど
発症するかどうかは別だからね

やっぱり、免疫力が強いんだ!

だからインフルエンザが出てこないんだ!」
・・・
「そう、僕は顔にも頭にも出ないタイプだから・・・」

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

インフルエンザがやって来た

ついに我家にもやって来た。

あのインフルエンザがやって来た。

・・・

長男(小5)が先週の土曜日熱が出た。

日曜日も熱が続く

休日診療に行くと

しっかりとインフルエンザA

・・・

月曜日から長男は学校を休む

すると担任から電話が入り

「今週中はインフルエンザのため学級閉鎖」

ん・・・ついに広がり始めた。

・・・

一番下の長女(6)は

火曜日から保育園で

2泊3日のスキーへ

大丈夫かな?

・・・

保育園の年長クラスの子供達は

この3日でスキーが滑れるようになる。

どうにか、熱が出ないでいられれば・・・

それに途中で熱が出ても

ノーマルタイヤでは迎えに行くことができないし・・・

・・・

そんな心配をしながら

スキーから帰ってくる木曜になった。

保育士から電話連絡もなく

どうやら、何事もなく帰って来そうだ。

・・・

保育園に迎えに行くと

担任が、長女は園に着くと

ぐったりして、熱を計ると38度あるという。

・・・

そうかぁ、スキーの時はがんばれたけれど

帰ってきて、いっきに熱が出てきたかぁ。

さぁ、長男と長女のダブルインフルだ!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

習慣づけはスモール・ステップ!

子供の習慣づけのため

毎月ひとつのことを

家族みんなで成功させる

スモール・ステップキャンペーンを

今年の1月から始めた。

http://www.being-oisi.jp/?p=8361

今月のテーマは「トイレから出るとき」

・トイレのフタをしてくる

・トイレのスリッパを揃える

・トイレのドアを閉める

・トイレを流してくる(次男専用)

・・・

今月も残り1週間になったが

成果は上々!

どうにか、子供達にも習慣づいてきたようだ。

今回、僕が取った成功のための作戦は

とにかく、出来ていることだけを

そのまま子供達に伝えていった。

・・・

最初はフタを閉め忘れている時もあったし

ドアを開けたまま出で来ることもあった。

でも、毎回、毎回僕がトイレに入るとき

「おー!スリッパが揃えてある!」と

子供達に聞こえるように

ちょっと大げさに声に出した。

・・・

長男(小5)が出てきたときは

「スリッパが揃っている!

お父さんは、みんなが揃えてくれると

とってもうれしいなぁ!」と伝えた。

「まだ、忘れそうな時があるんだ!」と長男

・・・

長女(6)がトイレに入るときには

「いつもスリッパ揃えられているから

今度もしっかり揃えられそうだね!」と言うと

「ちゃんとできているよ!」と自信満々

・・・

次男(小3)が出てきたときもびっくり

しっかりとスリッパが揃えられている!

「わぁ!次の人が履きやすいように

スリッパが置かれているよ!」とニコニコ伝えると

「ウン!スリッパ履いてないもん!」

そりゃ、違うだろう・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

お楽しみ会、子供と一緒に楽しむぞ!?

(またまた昨日の続き)

保育園のお楽しみ会も

長女(6)が今年卒園なので

僕にとっても最後のお楽しみ会

長女と一緒に大いに楽しもうと参加した。

・・・

竹馬の修理も無事に終わり

園児たちが、はた織りをしているホールに顔を出してみた。

園児たちと母親たちが

手作りはた織り機で

細かな作業をしている。

長女も何段か進んでいるようで

糸の色も変えていた。

「お父さんにも少しやらせて!」と言うと

「いいよ!」と代わってくれた。

・・・

長男(小5)の時以来のはた織り

結構熱中してしまう。

ここで、少しだけ糸の色を変えると

デザイン的にはいいかな?

そんな思いで

はたを織っていると

長女が「お父さん、代わって!」

「もうちょっと待ってて!今一番大切なところだから」

と作業を続けた。

・・・

一本の糸じゃなくて

三本まとめてここを通すと

結構、いいかもしれない!

「お父さん、まだ?」

「ここが難しいところだから

ここが、終わったら代わるよ!」

・・・

どのくらい、夢中になっていただろう。

気づくと長女が

いなくなっている。

「おーい!お父さんにやらせてばっかりじゃなくて

自分でやらないとダメだよ!」

と言って

最後の数段を長女に代わった。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

お楽しみ会って、竹馬修理?

(昨日の続き・・・)

長女(6)のお楽しみ会は

合唱の後、それぞれが分かれての作業

父親たちは竹馬の修理

母親たちはホールで園児たちと機織り(はたおり)

・・・

さっそく僕ら父親は園庭に行き

今まで使っていた竹馬を分解する作業に入った。

ヒビの入った竹は処分し

足乗せの板を竹から一旦外した。

・・・

園児数の25の竹馬を乗れる状態に修理をする。

・・・

使えそうな竹に足乗せ板を挟んで

足の指をかける方には

縄が回らないよう

水に浸したシュロ縄で

キュッキュッ締めていく。

僕の小学校の頃も

竹馬を作った覚えがある。

近所の路地では

竹馬「鬼ごっこ」して遊んでいた。

竹馬に乗っていないと動けないルール

・・・

鬼に捕まりそうになると

片足で竹馬に乗って

もう一方の竹馬を振り回して

鬼を叩き蹴散らしていた記憶がある。

結構危険だった。

・・・

この保育園の子供たちに

僕らの頃の「鬼ごっこ」教えてあげようかな・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

今日は大寒だよ!知ってる?

昨日は一年で一番寒い「大寒」

そんな日曜日、

長女(6)の通う保育園では

年長クラスの子供と親、そして保育士の

「お楽しみ会」が朝から開かれた。

・・・

なにせ、一年で一番寒い大寒だから

僕は上着を2枚多めに着て

その上にダウンを着込み保育園に向かった。

・・・

スタートは長女たち園児と保育士が

板床の大きなホールで合唱

それがいつものことながら、全員裸足!

中にはTシャツの園児も!

もちろん我が家の長女もTシャツ

だから、何度も言っているように

今日は、一年で一番寒い大寒!

わかっているのかな?

寒中合唱じゃないのに

・・・

僕は背中を丸めながら

子供たちの歌声を聴いていた。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)