それぞれのポジション!

小学4年生の次男は
サッカーのクラブチームに入っている
・・・
土曜、日曜は
サッカーの練習だったり
試合だったり


次男はディフェンダーで
相手が攻めてくるところを
守る役割
・・・
味方が攻めている時には
その様子を見ながら
攻め込まれそうになると
果敢にアタックしていく
・・・
先日はいつものコーチではないコーチが
次男を走り回るミッドフィルダーとして使った
・・・
次男を見ていると
どうもいつもの動きではなく
戸惑っているようだ
・・・
ボールを常に追いかけているけれど
ボールをコントロールしきれていない。
素人の僕が言うのは
なんだけど
次男にとっては
ディフェンダーの方が
あっているような気がする
ここぞ!という時に
ボールを取りに行く集中力が
次男の持ち味のようだ

・・・
試合が終わり
次男と話をしてみた
「どう?ミッドフィルダーは?
ディフェンダーの方が
動きがいいようだけど?」
「ん!ズーと走っていて
ディフェンダーみたいに
手を抜けないんだもん!」
「なんじゃそれ!!」

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

毎日が曇り空?

2学期が始まる前のこと
夏休みの宿題が
どのくらい終わっているのか
父親として
ちょっと子供たちの様子を
聞いてみた
・・・
長男(小6)は
ちょっぴり苦手な工作も
どうにか終了し
「宿題終わったから
どこかに連れて行って!」とリクエスト
・・・
長男にとっては
6回目の夏休みだから
宿題の進め方も十分わかっているようだ

3番目の長女(小1)は
初めての夏休み
宿題をどうやって終わらせるかも
理解していない様子
・・・
ドリルの採点を長男に任せ
答え合わせをしてもらった
・・・
それから毎日書くはずの
一行日記が全く書いていない
これも長男と行動を一緒にした日は
何をしたか教えてもらっていた
・・・
1年生はその程度で
いいんじゃないのかな?って
勝手に我が家では思っている
・・・
次男(小4)は
すでに3回の夏休みを経験し
今回が4度目の夏休み
・・・
課題一覧表を見てみると
半分くらいしか手がついていない
・・・
「星空の観察日記が書いてないぞ!」
とまったく白紙の用紙を見て次男に言うと
「星が出てなかったんだよ!」
「夏休みの間、ずぅーとか?!」
「そうだよ!」と平気な顔で言う
・・・
担任になんて言うんだろうな・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

2学期の始まりは雨

子供たちの始業式の日
朝から大荒れの天気だった
・・・
長男(小6)は
夏休み期間中も
家にいるときには
ゴミ出しを続けていた
・・・
始業式の朝は
「今日は学校だぞ!
早起きしよう!!」と
子供たちに勢いよく声をかけ
行動をスタートさせた
・・・
「今日は燃えるゴミの日だけど
たくさん袋があるんだ。
お父さんも一緒に行くから
みんなも行こう!」
と次男(小4)と長女(小1)を
誘ってみた
・・・
外の雨を気にしながらも
自分たちのカッパを取り出し
ゴミ出しに行く準備に取り掛かっている

いつもは、学校に行く時に出すけれど
朝食前に行くことにしたようだ
・・・
カサを片手に
もう一方の手でゴミを持ち
「さぁ!今日から
また学校が始まりだ!!
みんな元気に
2学期の始まりだぞ!」

子供達と雨の中
ゴミを出しながら
2学期の始まりを
感じていた。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

子供たちの夏休みの宿題は?

昨日から2学期が始まった。

先週のある日のこと

・・・

3人の小学生の子供たち
さて、夏休みの宿題は?と様子を見てみた
・・・
長男(小6)は
ドリルを少しずつやりながら
工作も苦労して完成させていた
・・・
長女(小1)は
工作をどうしようか考えている
「館山でシュノーケルして
見えた海の中を
工作にしないか?」とヒントを与えた
・・・
長女はどうもピンと来ないようで
「海の中?」
「そうだよ!見えた魚やナマコを作ろうよ!」
そう言うと納得したようで
買っておいた紙粘土と空き箱を用意した


「どんな魚がいた?」とか
「その魚はどんな色の模様だった」
「他には、海の中で見えたのは?」
と長女に問いかけながら
紙粘土で海藻や魚を作って色付けした
・・・
磯遊びの時
拾ってきた海の石も箱の中に
海底の岩としてセットしてみた
・・・
最後は
箱のフタを水中メガネに見立て
長女が一生懸命ハサミを使って切って

ストローをシュノーケルにして完成!

半分は父親の作品?!


次男(小4)は習字の宿題が残っていると言う
課題が「流星」
お手本がないというので
パソコンでプリントアウトして渡した
・・・
次男は道具を用意し始めたかと思うと

ものの2分も経たないうちに
さっさと書き終えてしまい

「終わったぁ!」とすっきりとした表情

・・・

完成品を見てびっくり!!
「おーい!
お手本の字を
よく見て書け!!」
上手い下手より
字が違う・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

保育園の納涼祭が同窓会に!

保育園の納涼祭も
そろそろ終焉かなと思う頃
子供たちが
焼きそばやカキ氷を
頬張りながら
妻と僕がいるところに戻って来た


「ねえ、みんな泊まってもいい?」
長男と次男がそれぞれの友達を
我が家に泊まらせたい!と言ってきた

・・・
いつものことだから
それも承知のこと
「いいよ!」と言うと
うれしそうにみんなのところへ
走って戻って行った
・・・

来るとき7人で来たのが

子供たちの人数を数えると

我が家の子供も含め9人!!

妻と僕を入れて11人で帰る?!

さて、どうやって車に詰め込むか?

・・・

「みんな乗ったか?」

「はーい!」

「おーい!シートベルトしたか?」

「シートベルトが足らないよ!」

・・・

「1つのシートベルトで2人がしめろ!」

「えー!?」
「えー!じゃない!捕まるぞ!」
・・・

「バイパスを通るとき

交番があるから

みんな静かに姿を消すんだよ!!」
子供たちも

「みんな見つかるなよ!」
と車の中がワイワイガヤガヤの保育園状態

・・・
家に着き
「みんなシャワーを浴びてから寝ろ!」
と号令をかけると
子供たちは自分たちで順番を決め
シャワーに入り始めた
・・・
子供たちを一部屋に全員集め
そこを寝室に。

みんなが賑やかに騒いでいる中
一人が寝、二人が寝るうち
全員が寝た時には
僕がすでに寝ていたようだ
・・・


朝になって
子供たちの朝食の時間
・・・
全員を集め
朝食の開始
「みんな、自分のご飯は
自分で用意すること!」

妻は米を何合炊いたのだろう?

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

保育園の納涼祭がやって来た!!

次男(小4)が夕食のとき

「うちの前の畑にスイカができてるよ!」

言った瞬間

妻と僕が「盗ったらダメだからね!」

と同時に同じことを言った。

・・・

そんな週末

子供たちが通っていた保育園で

納涼祭が行われた。

・・・

卒園しても子供たちは

やっぱり保育園に顔を出すのが

大好きなようで

長男(小6)も次男(小4)も

それぞれの友達を誘って

納涼祭に行くことにした

・・・

「みんな一緒に車に乗っていこう!」

と僕の車に7人が

保育園を目指した

10年近く父親として

納涼祭の準備をしてきたのに

子供が全員卒園してしまうと

その準備もなく

手ぶらで参加

・・・

なんとなく気楽な感じでもあり

寂しくもあり・・・かな

・・・

この春の卒園式以来

子供達や父母と再会

たった数ヶ月なのに懐かしい!!

・・・

子供たちも

その当時の園児たちに戻ったようで

納涼祭が同窓会のようだ

・・・

屋台では焼きそばにカキ氷

ビールにやきとり、焼きまんじゅう

それに冷やしたきゅうりにスイカ

スタッフが切ったスイカがまな板に

そのままの状態で置かれている

・・・

そこに、保育園仲間の父、

岩瀬さんがジィーとスイカに目を凝らす

「ダメだよ!スイカ盗んじゃ!」

どこかで言ったセリフを思い出した。

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

夏の終わりのひと時・・・

暑い毎日が続く中
休みの日は
外のデッキで涼を取る
・・・
子供用のプールに
たっぷり水を貯めて
その中にデッキ用のテーブルを置いてしまう
・・・
昼食は足を
そのプールに浸しながら
子供たちは麦茶
大人はノンアルコール・ビール

食事が終わると
子供たちは
さっさとその席から離れ
近くの神社に
遊びに行ってしまう元気さ!
・・・
僕はと言うと
足を水から出せず
その場所から離れられなかった
・・・
ミンミンと賑やかに鳴くセミの声に
何気なく耳を傾けていると
ツクツクボウシという声も聞こえてきた。
・・・
この照りつける日差しの中に
秋近しかぁ!
そんなことを感じながら
なんとなく気だるい時間を
ノンアルコール・ビールと
妹尾河童さんの「少年H」で過ごした

こんな環境で本を
じっくり読むのも
いいもんだなぁ
と思いながら
もう一本!と
ノンアルコール・ビールが進み
気持ちよくなって
眠くなってきた

・・・

あれ?僕にとっては
アルコールが入っていても
入っていなくて
同じ効果?
まるでプラセボ・ビールだ?!

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

館山の思い出・・・

・・・続き(その7)・・・
館山の夏休みも
残すは1日となった
・・・
「今日はどうする?」の問いかけに
長男(小6)と次男(小4)は
昨年行かなかった市民プールに
「行きたい!」と口を揃えた
・・・
一昨年、ハトコのケンちゃんたちと
一緒に市民プールに行ったとき
彼らはスイミングスクールに通っていたから
我が家の子供たちよりも
市民プールで
気持ちよさそうに泳いでいた
・・・
それから2年
我が家の子供たちも
スイミングスクールに通い始め2年
少し自信がついたのか
ケンちゃんたちに
泳ぎを見せたいのか
市民プールに行くことを
懇願してきた

50mの市民プールは
1コースから3コースまでは
コースロープが張られ
都立新宿高校の水泳部の合宿に使われていた
・・・
4コースから7コースは
ロープもなく自由に泳げる広いスペース
・・・
子供たちは
好きずきに泳ぎを楽しんでいた
・・・
しばらくすると
誰からということなく
水泳競走大会をやろう!となった
・・・
プールサイドから7・6・5とコースを横切り
3コースのロープまで
クロールで競争するという
・・・
長男と次男、長男の友達のあっちゃんに中1のケンちゃんと
全員スイミングが得意な子供たちが
水泳競争に参加する中
「お父さんも参加するぞ」と
まだまだ、この子供たちには
負ける気がしない僕は
5人目の選手として参加
・・・
ヨーイ、スタート!!
の合図とともに泳ぎだした。
種目はクロール
・・・
全速力で泳ぎ
3コースのロープをタッチしたとき
真剣に周りの子供たちとの
順位を気にして周りを見渡した
・・・
おー!
やったぁ!1位だ!
まだまだ子供たちには負けないぞ
・・・
ちょっと心臓がドキドキ激しくなっている中
2種目目の平泳ぎになった
ところが身体が思うように動かない
ちょっと苦しい!
結果、次男に負けての2着
・・・
心臓がバクバクしている中
3種目目の背泳ぎがスタート
肩が後ろまで思うように回らない!
かなり苦しい!
結果、次男、あっちゃんに続いて3位!
・・・
もう危ない!
4種目目のバタフライは
「残念ながら
お父さんは危険ですので
棄権をさせていただきます!」
と言って子供たちのバタフライを
プールサイドに上がって腰掛ける元気もなく
水の中で心臓をドキドキさせながら
見守っていた


・・・
・・・
そして夜は子供達と花火
こうして
館山の4泊5泊の夏休みが終わった
・・・
・・・
戦艦三笠・磯遊び・将棋大会・海釣り
シュノーケリング・プールで水泳大会
花火・・・
子供たちは満足した表情
・・・
そうだ!スイカ割りに蝉取り
それに流しソーメンをやり残した!
もっともっと遊びたかったなぁ!!
・・・おしまい・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

今回の釣りはエサのつけ方!

・・・続き(その6)・・・
シュノーケリングを楽しんだ翌日は
ちょっと早起きして
館山北条海岸の桟橋で釣り大会!
・・・
エサを買おうと
いつもの釣具屋さんに寄ると
イソメの養殖に失敗したらしく
エサを売っていない
そんなこともあるんだぁ
・・・
仕方ないので
別の釣具屋を探して
エサを買ったが
どうも細くて
イマイチ美味しそうじゃないなぁ
と魚の気持ちになってしまった
・・・
北条の桟橋は
いつもの釣り場なので
子供たちも慣れている

でも今回は
自分たちで釣り針を結んだり
エサを付けることを子供達の課題にした
・・・
最初は仕掛けもエサも
全部準備してあげ
投げてあげて
あとは魚が食べるのを
待つことから始めた
・・・
次は自分たちで
リールを操作し
投げられるようになった
・・・
釣った魚も
自分たちで針を外せるようにもなった
・・・
「だから今回は
天秤に釣り針を結ぶことを
自分たちでできるようになろう!
そしてエサを針に付けられるようになろう!」
と子供たちに提案し
まずは、結び方のレクチャーから始めた

「よーく見てね!
上から持ってきた糸を
こんなふうに通して
もう一度ひねって通すと
抜けないんだ!」
・・・
子供たちも一緒に結んでみるけれど
引っ張るとスルスルと抜けてしまう
何度か練習をしてマスターした
・・・
「今度はエサの付け方だよ!
イソメがパクパクとハサミを動かしている方が口!
その口に針の先を
ぐっと入れて
スルスルと胴体の中に入れてから
針の先を最後に出してみるんだ」
・・・
今度も子供たちは手こずっている
「自分たちで針を結んで
エサも付けられると
もっと釣りが楽しくなるよ!
だって、針の大きさは
魚によって選ぶんだ!
美味しそうなエサを選ぶのもの
自分たちでできるんだよ!」
・・・
慣れない手つきで
子供たちは一生懸命
釣り針とエサと戦っていた

キスは釣れなかったけれど
子供たちの釣果は、まずます
そんな中
僕はヒトデ一匹
悔しい!!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

小学1年生の娘とシュノーケリング!

・・・続き(5)・・・
長男(小6)と次男(小4)は
7月に沖の島に来たとき
インストラクターから
シュノーケリングを
一緒に教わった
・・・
長女(小1)は
その時、妻とみんなが
シュノーケリングをしているのを
磯から眺めていただけだった
・・・
今回「一緒に海の魚を見に行くか?」
と長女と従兄弟の長女(小6)に
声を掛けると
「行く!」と喜んで返事をしてきた

「じゃぁ、まずマスクの付け方だよ!」
と言ってたこ焼きさんに教わったことを
長女たちに一つひとつ教えていった

「大丈夫かな?
それでは、出発!」
と3人のシュノーケリングが始まった
・・・
シュノーケルで
しっかりと口で息をして泳ぐのは
結構慣れないと難しい
・・・
ところが長女も従兄弟の子も
シュノーケリングができ
ゆっくり僕と一緒に
沖まで付いて来ている
・・・
海の底には
到底足の届かない沖に来ても
二人は平気なようで
僕が海面から顔を出して
「大丈夫か?」と聞くと
二人もニコニコした笑顔を海面に出して
「平気だよ!」
・・・
「よーし!もう少し沖まで行ってみようか?
お魚が泳いでいるのが見えるよ!」
「ん!行こう!行こう!」
長女はノリノリ!
・・・
海水が急に透明度を増してきた
すると、自分たちの体の真下を
泳いで通り過ぎていく魚が
はっきりと良く見えた
・・・
長女たちにわかるように
海の中で魚を指をさすと
長女も一緒に
泳いでいる魚を指差している
・・・
3人が水から顔を出し
「お魚が泳いでいた!」と長女
僕が「いたよね!」と言おうとした瞬間
息の仕方を間違え
ゴボゴボと海水を飲んでしまった
・・・
咳き込む僕に向かって
長女が「お父さん、大丈夫?」と心配してくれた
僕の頼もしいバディ!!

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)