閑かさや榛名の杜のジャズの音

先週の土曜日のこと

榛名神社の神楽殿で

ジャズライブが行われた

・・・

パパ友の岩瀬さんから

事前に情報をもらい

食事付きのライブを

妻と予約することにした

IMG_0599

なんとなく神秘めいた雰囲気がするが

いったい神社のどこでライブを行うのだろう?

席はどうなっているのかな?

・・・

なるほど!

行ってみて納得!

IMG_0608

もともと村おこしの一つとして

始まった音楽会

榛名神社の周辺の食事処で

手打ちそばに、まぜご飯、天ぷらなど

おいしそうな夕食付きで

3000円となんともお得な値ごろ感

・・・

さて、子供たちの面倒は、どうするかな?

食事付きのライブチケットに

岩瀬さんに3人の子守をお願いする

特別なオプションを

勝手に付けてしまおう!

・・・

というわけで

ゆっくりと妻とふたり

榛名の杜の陽が沈みかけ

いよいよライブの始まり!

IMG_0623

神社の周りの岩が

ウッドベースの太い弦の音を包み込んでいく

時折、空高く鳥の声も響き

暮れゆく空にコウモリの影

・・・

岩瀬さんから「冬の格好がいいですよ!」と言われたとおり

ダウンコートを持っていったが

すっかり日が暮れた頃には

やはり冷えてきた

・・・

こんなひと時は

やっぱりお湯割りが

欲しかったかなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

「ものづくりの街」の万華鏡!

(昨日の続き)

御徒町のガード下にある「ものづくりの街」2k540を

進んでいった

・・・

一軒一軒

興味をそそられる小さいけれど

ん!と納得するお店を見て回った

・・・

その中に傘屋さんがあり

傘の布の部分と

取っ手のところをそれぞれ選べるお店を見つけた

・・・

傘の説明をしてくれたお店のスタッフに

「いい傘って、

雨の音がポンポンっていう音で

全然違うんですよね!」と

10年以上も使っていた傘の経験談から話してみると

「そうなんですよ!

雨の音が違うんですよ!」とニコニコしながら

傘に当たる雨のように話が弾んだ

・・・

さすが、傘を売るお店のスタッフだけあるなぁ

雨音の違いを知っているなんて!

・・・

・・・

それから万華鏡のお店を発見!

2万円もする万華鏡を手にとってみた

今まで見たこともない

オイルを使った万華鏡

「我が家に1台は欲しいなぁ・・・」と本気で思うほど

のぞき窓の中には

幻想の世界が広がる

IMG_0664

それにはちょっと手が出なかったけれど

先っぽが凸レンズになっていて

外に見える景色が突然幾何学の世界に変わる

不思議な万華鏡のような望遠鏡が

手頃な値段で販売されいていた

・・・

これこそ、買わねば!と

迷わず財布を解き支払って袋に入れてもらった

・・・

・・・

御徒町から東京へ山手線で移動する中

さっき買った万華鏡がどうしても気になって

バッグの中からゴソゴソと取り出し

外の景色を見てみた

IMG_0665

山手線のドアに寄りかかりながら

その万華鏡を覗くと

電車が走り出すと同時に

レンズの中の絵は

くるくると回りだした

・・・

「すごーい!見てみて!」

と向かい側に立つ妻に

進めてみたのだが・・・

「京浜東北のブルーが

三角形になって

動いているんだよ!

ぐるぐる、目が回りそうだ!」

・・・

電車の中で望遠鏡を片手に

大きな声で興奮している僕へ

「あとで、見るよ・・・」

とちょっと距離を置く妻は

せっかくの京浜東北のブルーを見るチャンスを

逃してしまった

もったいない!

 

 

「ものづくりの街」in御徒町

昨日からの続き

・・・

御徒町のガード下に

面白いクラフトの店たちができたと

何かの情報番組で見た

IMG_0586

さっそく誕生日イベントに

今回はそこを探索!

・・・

普通は電車のガードしたといえば

小さな飲み屋街が立ち並ぶのだが

御徒町のアメ横を秋葉原方面に進むと

なんと「ものづくりの街」が現れる

IMG_0587

最初の店で

ステンレスの型抜きした小物を売っている

面白い空間を発見

・・・

本の栞にするステンレス製のベースになる棒に

いろいろ選べる小物がたくさん!

・・・

僕は楽器が並ぶコーナーの中から

トロンボーンを選んで付けてもらった

・・・

本の栞としては

ちょっぴりオシャレじゃん!とおもいつつ

小さな店舗を歩き回った

IMG_0660

下敷き位の大きさのステンレスの板に

同じ型を抜いて

まるでステンレス板の抜け殻のようになった板が

そのまま飾ってある

・・・

これまた、なんとも面白い!

・・・

お店のスタッフに

「これ、面白いですね!

普通なら全く役に立たない板なのに

これを壁に掛けたら

カギをかけるホルダーになりますよね!」

と声をかけてみると

「今度、商品として売り出すんでよ!」

・・・

形や見せ方

それに商品価値を付けるだけで

普段は板金や町工場で作られる製品が

製造原価からは想像もつかない値段に変身し

僕はお金を支払ってしまう

・・・

そのおもしろさを

感じてしまうんだなぁ・・・

 

 

 

好きなものを買う!

誕生日に妻と妻の母から臨時ボーナス!

・・・

ネクタイや靴など

仕事で使うものや

必要な物などと考えることなく

自分の好きなものを買える贅沢!

・・・

そんな気持ちになれるだけで

ワクワク楽しくなってくる僕にとってのプレゼントだ

・・・

何にしようかな?

オーディオのヘッドホンも欲しいし

本物のダーツも欲しい!

・・・

・・・

高崎駅で新幹線が到着するまで

30分ほど時間があるので

駅ナカの本屋へ妻と入った

・・・

時間つぶしのつもりで入った本屋さんで

欲しかった本を見つけてしまった!

「ドナルド・キーン著作集」

・・・

以前、購入しようと思ったけれど

1冊3600円

ちょっと躊躇していた本だ

・・・

全部で15巻

ん・・・頭で計算してみた

まったくもって

予算オーバー!

・・・

1冊ずつ買い溜めていくか!

そう決め、東京に行った帰りに

また本屋さんへ立ち寄ることにし

新幹線ホームへ急いだ

・・・

次は何を買おうかな・・・

と新幹線の車窓の風景が

東京へ近づくのを感じながら

ますます高揚してきた

・・・

御徒町のアメ横に

レコード屋さんがある!

まずは上野に着いたら

そこに寄ってみよう

IMG_0588

小さなそのレコード屋さんを入ると

1980年代中心だろうか

僕が学生時代夢中になったLPが

歌謡曲からJAZZ

フュージョンにロック

と幅広いジャンルで取り揃えられている

・・・

LPがびっちりと収められている木製の商品棚から

昔やったように

1枚1枚親指と人差し指で

LPを手早く持ち上げ

ジャケットを確認し

興味あるレコードは

その棚から抜き取り

購入候補とする作業をしてみた

・・・

10枚近く欲しいLP候補が出た

「大人買いしちゃおうかな」と

一瞬思ったが

1枚1枚をゆっくり聴きたいし

次の楽しみにしよう!

と3枚を購入

IMG_0658

早く帰って

針を落として聴きたいなぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日の偶然!

雨降りの予報だった昨日

実は僕の56回目の誕生日だった

・・・

朝、寝室のカーテンを開けると

窓からは青空が広がり

天気予報をすでに覆していた

・・・

子供たちが学校に行っている間

妻と誕生日デートをしようと約束していたが

さて、どこに行こうか???

・・・

昇仙峡にある藤城清治さんの美術館へ

行ってみたかったが

妻と二人のデートは

子供たちがいないから楽しめる場所を

せっかくだから選択してみよう!ということにした

・・・

その結果

昨年の12月にオープンした

秋葉原と御徒町の間のガード下にできた

「ものづくりの街」2K540へ行くことに決めた

http://www.jrtk.jp/2k540/access/

 

IMG_0585

・・・

晴れ男の僕は

子供達をさっさと学校へ送り出し

妻と高崎駅に向かった

・・・

高崎駅で上野までの新幹線チケットを大人2枚

スイカのカードで購入!

IMG_0584

自販機から出てきた切符を確認すると

え!え!え!

5月22日、僕の誕生日に

新幹線の指定席券の番号が

車両番号が5号車で

座席番号が22番のAとB

・・・

偶然といえば偶然だけれど

え!え!え!と妻に見せた

・・・

妻は「東京着いたら

宝くじ、買おう!」とさっそく僕の運試し!

・・・

実は僕は宝くじをあまり買ったことがない

IMG_0589

宝くじ売り場で

「どうやって買うのかな?」と

妻と二人、ナンバー3とか4とか

ミニロトとか、やりかたもわからず

鉛筆でマークだけしてみた

・・・

そして、よく覚えていない「なんとかジャンボ」も少し買ってみた

・・・

どうすると当たりか?

いつ当たりがわかるのか?

それもわからないまま

1万円支払ってきた

・・・

そして十分に一日を楽しんで

上野駅で帰りの新幹線の指定券を

自販機で購入すると

やっぱり22番!

IMG_0590

宝くじの運を

新幹線で使い切ってしまったようだ・・・

 

 

 

 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

しっかりものの長男の小遣い

昨日は5月としては珍しく

ちょっと肌寒い雨模様の天気だった

・・・

そんな中、

長男(中1)が横浜へ

日帰りの修学旅行に出かけた

・・・

なぜか長男の修学旅行や遠足は

前回の鎌倉も

その前の妙義山も

はたまた保育園時代の海へのお泊りも

雨の日になることが多い

・・・

・・・

本人は、あまりそのことを気にしていない様子で

「楽しかったよ!」と実にうれしそうに帰ってくる

IMG_0581

今回も事前学習で

カップヌードル・ミュージアムや

中華街のおいしい肉まんのお店を探し

実際に出かけて行ったようだ

・・・

お小遣いが昼食込みの4000円で

おいしそうなアイスクリームも

友達同士でひとつ買って

みんなで分けあって食べ

残りをお土産代に回すという

実に堅実な長男らしい行動

・・・

「お父さん、これお釣り!」

と言って残った600円あまりのお金を

僕に戻すところなども

正直さが出ている

・・・

妻がそっと僕に

残っとお釣りを長男に渡したら?と提案

長男の楽しそうな思い出話と

いつものように

みんなに買ってきてくれたお土産の気持ちが嬉しく

お釣りを長男に渡した

・・・

1泊で鎌倉に行った時も

小遣いを2日分考え

上手に使ったと本人が言う

・・・

次男(小5)だったら

どうなのか?

IMG_0579

次男に、鎌倉行って

2日分のお小遣いを

1日でお菓子を買って使い切ったら

次の日のお昼ご飯代は

ないんだぞ!と言ってみたが

長男の買ってきたお土産のお面をつけておどけている次男は

どうもピンと来ていないようだった

・・・

きっと、次男のことだから

お金がなくても

お昼は、どうにかして食べちゃうんだろうな・・・

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

朝の子供たちへの見送り

毎朝、子供たちが登校するとき

玄関先から道まで出て

「じゃぁなぁ!」と言って送り出す

・・・

長男(中1)は

小学校の時から

姿が見えなくなるまで

後ろを振り返りながら手を振っていく

・・・

その長男は

中学になっても

相変わらず、小学生の時と同じに

後ろを振り返っては手を振っていた

IMG_0569

ところが先日頃から

玄関先で「行ってくるね」と言ったきり

後ろを振り返らない日が続いた

・・・

もしかしたら

学校で嫌なことでもあったのかな?

ちょっと気になって

そのことを妻に話してみた

・・・

妻は

最近僕が長男に少し厳しいんじゃないかな?

と指摘してくれた

・・・

そういえば、

長男の出来ているところより

出来ていないところに

ついつい目が行って

そこを指摘することが多くなっているなぁ

と思い当たる節がある

・・・

・・・

夕方、仕事から帰ってから

そのことを意識して

長男と会話をしてみた

・・・

「漫画ばっかり見てないで

少しは勉強しろよ!」の代わりに

「そうかぁ!塾でそんなことも勉強しているのか?!

続けているから

少しずつだけど

実力がついていっているんだよ」と

長男の頑張っているところを

そのまま伝えてみた

・・・

・・・

最近では

今までのように

「行ってくるね!」と朝

振り返りながら手を振るいつもの長男に戻った

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

果物を英語で?

月曜日の夕食は

塾に通う長男(中1)のいない食事になる

・・・

そんな夕食のひと時

次男(小5)が突然

「ハロー!ハワユー!」と言い出した

・・・

「どうした?!」と聞くと

「ねぇ、お父さん、英語の問題出してよ!」

「英語の問題?」

「くだものの名前!」

IMG_0568

どうやら次男も小学校で英語を習っているらしい

「よーし、じゃあね、出すよ!

アボガド!」

「???・・・ねぇねぇ!もっとわかるくだもの!!」と次男

・・・

「ゴーヤ!」

「???・・・ねぇってば!!違うくだもの!」

・・・

それを聞いていた妻が

「りんご!」

と次男に助け舟を出した

・・・

次男が答えようとしていた時

それを聞いていた長女(小2)が「ゴリラ!」とすかさず答える

・・・

「それは、しりとり!」

とまたまた次男の答えるチャンスがなくなってしまった・・・

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

1÷0の答えは、なんでないの?

中学1年の長男が

夕食の終わったあと

「お父さん、ゼロ割る1はゼロだけど

1割るゼロは、答えがなくて

それを見つけている人がいるんでしょ?!」と言ってきた

・・・

「へぇ!1割るゼロには答えがないんだけど

その答えを探している人がいるんだ!

学校で習ったの?」と聞くと

・・・

「先生がそう言ってたんだ」

「なんで、1割るゼロが答えがないか

知っているかい?」と聞いてみた

・・・

「わかんない・・・」

「お父さんの本棚にそのことが書いてある本が

確かあったと思うから、ちょっと待ってて!

お父さんもなんでだか、覚えていないんだ・・・」

と言って本棚をゴソゴソと探し始めた

IMG_0563

(一部引用「文系の算数力アップ300問、著:武藤和栄・目時伸哉」)

1÷1=1

1÷0.1=10

1÷0.01=100

1÷0.001=1000

・・・1÷0.0000000001=10000000000

このように割る数を小さくしていくと、答えは大きくなり究極の「1÷0」では

答えは、とてつもなく大きな数になります

 

では、割る数をマイナスで考えてみましょう。

1÷(-1)=-1

1÷(-0.1)=-0.1

1÷(0.01)=-0.01

・・・1÷(-0.0000000001)=-10000000000

今回も究極は1÷0ですが

答えはとてつもなく小さい数になってしまいます

 

 

数学の計算は、答えがひとつなのに

かたやプラス無限大

かたやマイナス無限大となります。

よって答えは「なし」なのです。

・・・・

・・・

この本に書いてあった説明が

実にわかりやすく

長男ともう一度

本を見直しながら勉強した

「そうだったんだ!」と今更ながら理解した

 

Filed under: 子育て,雑感 — oisi  Comments (0)

年齢確認?

「開いてて良かった!」

とは、コンビニが世の中に

出現してきた時

テレビコマーシャルのコピー

・・・

子供達に「なんでセブンイレブンっていうか知ってる?」と聞いてみたことがある

その質問の答えがわからず首をひねる子供達

・・・

「今では24時間営業しているけれど

コンビニが出来たばっかりの時は

朝の7時から夜の11時までだったんだよ

だからセブンイレブンって言うんだ」

 

・・・

 

ある日のこと

夜、研修が終わり

家に向かって車を走らせていた

「そうだ、焼酎が切れていた!」とふと思いだし

道路沿いのコンビニに立ち寄った

「開いてて良かった!」

・・・

アルコール類はほとんどが

スーパーで買うので

コンビニでアルコール類を買うことは珍しい

・・・

商品棚から焼酎を手に取りレジカウンターへ

・・・

レジの若い女性スタッフが

バーコードを読み取り値段がレジに表示される

財布からお札を出していると

「年齢の確認をお願いします」とそのスタッフ

・・・

そのことが一瞬、なんのことかわからず

「え?!年齢ですか?」と聞き返しながらも

スタッフの女性も

僕に年齢確認をしていること自体

おかしかったとみえ

思わずクスリとしていた

・・・

でもアルコール類を購入するときには

年齢を確認するようになっているんだと思い

僕も少し照れながら「55歳です」と答えた

・・・

すると、そのスタッフは

今度は声を出して笑いながら

「あの・・・画面にタッチしてください」

・・・

画面を見ると

しまった!

20歳以上かどうか

画面で「はい」を押せばよかったんだ!

・・・

よかった、

「来週で56歳になります」って

つい言いそうになった自分を押しとどめて・・・

 

 

 

 

 

 

Filed under: セミナー・研修,雑感 — oisi  Comments (0)