子供にとって自立するって、何が必要?

一昨日の土曜日は

日本コーチ協会 群馬チャプターの

総会が開かれた

IMG_0786

午前中はワールドカフェ形式の研修

参加者の思い思いの気持ちを

自由に発散させながら

時には葛藤、時には納得

・・・

昼食を挟み

年次総会が開かれたが

さすがコーチたちの集まり

忌憚ない意見が飛び交い

そこでの議長役の僕としては

実に面白く貴重な経験ができた

スペイン料理

そしていよいよ夜からスペイン料理の店で懇親会

総会や研修会では出てこない

コーチたちのライブに経験している話に

耳を傾けたり、口を出したり

・・・

そんな中で

子供の自立についての話題になった

・・・

親として子供には

自分のことは自分でできるようように

普段から自立することを意識して

片付けや失敗した時の責任の取り方などを

一人でできるように心がけているが

実際に

このことは、本当に子供の自立を促しているんだろうか?

という問いについて

意見が交わされた

・・・

いっけん、自分が困ったときに

子供が自分で処理をできるように

手を出さず見守ることは

子供の自立に役立っているようだけれど

 

もし、ほかの人が困っているとき

助けられたという経験を十分にしていないと

その子供は、他人が困っている時に

「自分のことは自分でするもんだ!」と

その困っている人を助けないのではないか・・・

 

あるコーチは、自分の子供に対して

自立を意識して

あまり手を出さなかったようだ

ところがそのコーチの妹さんは

「時期が来れば自分のことは自分でできるようになる。

だから、今は十分に助けてあげる方が大切」と言った

・・・

いっぱい、いっぱいもらったら

人にもいっぱい、いっぱいあげられるという

・・・

どちらが正解か

まだ答えは出ていない・・・

 

 

 

 

ワールドカップの敗因?

サッカーワールドカップで

日本チームが

予選で敗退した

・・・

その原因を

解説者たちは

いろいろな視点で分析しているが

 

昨日の新聞に

面白い記事を見つけた

・・・

IMG_0782

日経新聞の一面にある「春秋」では・・・

 

「ある解説者は

『サッカーは11人の掛け算で

1人でも0があると0になる』と書いていたが

昨日の試合は

違う意味で日本が足し算

コロンビアが掛け算をしてるように見えた」

と綴っている

・・・

内容は

「例えば、4の力を持つ5人が20の力で攻めたのと

5の力の2人で25になったとの差である」

・・・

・・・

この言い表し方は

まさに言い得て妙!

テレビを見ながら

なんだか力の差を感じていたけれど

これなんだ!と

日経新聞の記者の目と表現に感心してしまった

 

 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

わかるかなぁ~わかんねぇだろうなぁ~

只今、我が家では

子供たちの間で

「ゲラゲラ・ポー!ゲラゲラ・ポー!・・・」

の歌声がよく聞こえてくる

・・・

最初は何を歌っているのか

全くわからなかったけれど

テレビに出てくる妖怪の歌だとか

・・・

なんだか

踊るポンポコリンのような歌だなぁ

・・・

長女(小2)は

それ以外にも

「ありのままの・・・」

と鏡に向かって

踊りながら歌っている

・・・

「なんの歌?」と聞くと

これは映画の主題歌のようだった

IMG_0776

「へぇ!ありのままの!っていう歌なの?」

と言いながら

つい長女をからかいたくなった

・・・

「お父さんも歌ってみるね!

『蟻のママのママは~

蟻のババ~

だから~アリババ!!

なんちゃって!」

「パパ、全然わかんない!!」と強い口調

・・・

「そうかぁ、

じゃ、『蟻のママのパパは

蟻のジジ~!」

「パパ!まったくわかんない!!」と会話をシャットダウンされた

・・・

松鶴家ちとせ風に言ってみた

「わかるかなぁ~?

わかんねぇだろうなぁ~」

 

まったく相手にされず

チーン!!

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

先生は名医?

いつものことながら

勤務先の病院で実施した

健康診断の後

「診察のお願い」という紙をもらった

・・・

全く問題なければ

この紙をもらうことは、

ないのだけれど

お彼岸と同じように

毎年、春と秋には

僕のところへ必ずやって来る

IMG_0775

数値は前回より多少良いくらい

・・・

今回は、曜日の都合により

主治医ではなく

以前胃カメラをしてもらった非常勤のO先生

・・・

診察室に入り

さっそく電子カルテを見ながら

「血圧は今どのくらいですか?」と先生

「上が120から130

下が80から85です」と答えると

「今の薬で大丈夫ですね。続けてみましょう」

その後、いくつかの質問とアドバイスをもらった

・・・

そんな診察が終わり

会計するために受付に寄った

・・・

会計をしながら医事課の職員に

「O先生は名医だよ!

『食事の量を少し減らして

アルコールを少し控えれば

数値は下がります』って!

 

O先生は僕が家で

夕食の時、

たっぷり食事を摂って

アルコールを毎日

飲んでるのを

いかにも見たように言い当てるんだよ!

 

名医なんだよ!」

・・・

「数値と体型を見れば

すぐにわかります!」と医事課の職員の冷たい反応・・・

 

 

 

 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

それって、どういう意味???

一昨日、妻と長女と

館山から群馬に帰ってくるときのこと

・・・

日曜の午後なので

混雑を避けるため

館山で昼食を済ませ

早目に家路に向かった

・・・

ところが悪天候の影響か

普段の渋滞もなく

スイスイと首都高までやって来た

・・・

銀座付近を通り過ぎていると

「このまま帰るのもったいないね!」

の妻のひと言で

八重洲の出口で急遽

首都高を降りた

・・・

3人で八重洲ブックセンターに寄り

たっぷりと本屋で時間を過ごした後は

「子供たちは先に夕食を済ませてもらって

僕たちは、食べて帰ろうか?」

と静かで贅沢な時間を過ごすことにした

IMG_0769

八重洲の地下街で

スパゲッティのハーフ&ハーフを

3人がそれぞれ注文し堪能した

 

さて、そろそろ帰ろうか

と、妻に会計をお願いして

店を出た

IMG_0774

会計を済ませ店から出てきた妻が

「『お会計はご一緒ですか?』

とお店の女の子に聞かれたけど

どういう意味だろう?

どんな風に見られたのかな?」

と不思議そうな顔で店を出てきた

・・・

どういう意味????

 

Filed under: 子育て,雑感 — oisi  Comments (2)

土日は親がいない・・・

週末は法事のため

妻と長女(小2)と一緒に

千葉の館山に出かけた

IMG_0764

長男(中1)と次男(小5)は

妻の兄と母に見てもらい

留守番をしてもらうことにした

・・・

・・・

そんな先週の土・日は

近所にある富岡製糸場が

世界遺産として認められた日でもあった

 

その大賑わいの様子は

館山のテレビで見ていた

IMG_0766

・・・

館山に向かう朝

長男と次男に

「お父さんとお母さんがいない2日間

何ができたか

できたことを帰ってきたら報告してね!」と言って出かけてきた

・・・

ゲームばっかりしてちゃダメ!

宿題やってからテレビを見るんだ!

食事前に勝手にオヤツを出して食べちゃダメ!

・・・

もし、「ダメ・ダメ事項」を出したら

並べきれないくらい出てきてしまうかもしれない

・・・

長男や次男もそんなこと言われたって

きっと自分から守ろうなんて

思いもしないし

目を盗んで約束を破ろうとするに決まっている

これは僕の小さな頃の体験結果!

・・・

だから自分たちでできたことを

報告してもらったほうが

きっとしっかりと留守番をするだろう・・・

 

 

日曜の夜

我が家に帰ってきた

・・・

長男と次男を僕の部屋に呼び

「どうだった?

お父さんとお母さんがいない留守番は?」と尋ねた

・・・

「なんかあったら

どうしようかなって

ちょっと不安だった・・・」とふたり声を揃えた

・・・

「そんな中で

自分たちで、できたことってあるの?」と聞いてみた

「1階と2階のトイレ掃除」と長男

次男は「僕もトイレ掃除とお風呂の掃除」

「そうかぁ!トイレ掃除とお風呂の掃除をしてくれたの!助かるなぁ!

食事の準備や片付けはどうだった?」

・・・

「おばあちゃんがハヤシライス作ってくれたから

片付けと準備は簡単だった!」

「そうかぁ・・・食事の準備もOKか!

今日はお父さんもお母さんもいるから

安心して寝られるぞ!」

と言うと、子供たちはホッとした顔で

部屋を出て行った

・・・

子供たちは

親がいないことで

羽を伸ばしながらも

子供なりに頑張っていたんだろうなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

夏休みの宿題開始?

次男(小5)が

夏休みの工作にしたいと

手作りの野球ゲームを

学校に注文した

・・・

1980円の野球ゲーム

半年分の小遣い3000円を

6月1日に

もらったばかりの次男

・・・

思い切って1,000円の出費

というより

後先考えず

「欲しい!」から購入

・・・

・・・

その野球ゲームが

まだ夏休みまで

1ヶ月あるというのに

もう届いた

・・・

そんな夏休みを

待つはずもなく次男は

就寝前に

さっそく工作開始

・・・

自主的に宿題をやっている次男の姿

初めて見たぞ!

 

すると「あっ!!」と次男の悲痛な声

・・・

「どうした?」

「ボンドで付けるところを間違って貼っていた・・・」

と夕方に間違えて貼り付けてしまったことを発見したようだ

・・・

ボンドで付けた板同士は

しっかりと接着されている

IMG_0758

「お父さんのところへ

持ってきてごらん!

そんな時は・・・」と言いながら

カッターや薄いマイナスのドライバーを当ててみたが

まったくはがれる様子はない

・・・

これ以上無理すると

板を割ってしまいそうだ

・・・

「しっかり張り付いているから

はがすのは無理かもしれないよ!」と次男に言い

こう付け加えた

「野球ゲームができなくないだろう?

どうしたら間違えて貼ったところを

リカバリーできるかチャレンジしてごらんよ!

IMG_0763

 

失敗は成功の元!

どうやったら次にいけるか

工夫だよ!」

・・・

次男はグルグル自分なりに

思考しているような表情

すると、今度はなんだか作業を始めた

・・・

一生懸命カッターで余分なところを

何箇所も切り始め

随分と熱中していた

そして

「できたぁ!」と

自分なりに考えに考えた案が

完成したようだ

・・・

随分と早い夏休みの宿題だったこと

 

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

モテる男の条件?!

昨日から

3日連続で研修

それぞれが違うテーマで話しをするのだが・・・

 

研修のはじめに

セットアップとして

アイスブレイクを行う

・・・

このアイスブレイクは

場の雰囲気を和ませ

参加者の脳を柔らかくする役割と

本題で言いたいことの

前フリのような役割もする

・・・

ちょうど落語でいう枕のような部分

IMG_0757

ところが昨日のアイスブレイクは

ほとんど本題と関係なく

ただ僕が面白いと思って

言いたかっただけの枕だった

・・・

その時話した内容を紹介

 

「モテる男の条件」

知ってますか?

以前は『3高』といって

高身長・高学歴・高収入

まったく僕には関係ない話

・・・

『3高』に変わって出てきたのが

『3平』!

さんぺい?

・・・

平穏・平均的な年収・平凡な容姿

ん・・・ちょっと条件に近づいてきたかな?

・・・

そして最近では

『4低』

わかりますか?

低体温、低血圧、低血糖では、ありません!

・・・

低姿勢・・・女性に威張らない

低依存・・・家事を女性に頼らない

低リスク・・・リストラされない

低燃費・・・節約できる男

・・・

またまた、モテる男が遠のいていく・・・

といったアイスブレイク

・・・

本題は「クレーム対応について」

だから、やっぱり関係なかったかな・・・

 

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

子供たちの片付けは?

先週の日曜は

長男(中1)は友達と遊ぶために外出

・・・

妻は日曜出勤で

家には次男(小5)と長女(小2)と僕

・・・

家に残った2人の子供に

「自分たちの部屋を掃除しないか?!」

と持ちかけてみたが

反応はすこぶる悪い

・・・

「そうかぁ・・・

部屋をこんなに汚くしておくと

この部屋はお父さんがもらっちゃうぞ!

君たちは、キレイにできるようになったら

その時、部屋を返すことにしよう!」

と言ったが、それでも腰を上げてこない

・・・

「お母さんが仕事から帰って来たとき

『だれがこんなに部屋をきれいにしたの?』って

びっくりさせないかい?」

すると子供たちは

「いいねぇ!」と反応し始めた

IMG_0728

「キレイな部屋を見て

お母さんはきっと

『押し入れに全部、放り込んだんでしょう?』って

聞いてきくるぞ!」と言うと長女が

「そんなことしないもん!」

と言い、次男も「大丈夫だよ!」と自信たっぷりに言い放った

・・・

「でもさぁ『お父さんに手伝ってもらったんでしょう?』って

聞いてくるよ!

お父さんも、少し手伝ってあげようかなぁ・・・」と言うと

「ダメ!二人で片付けするから

お父さんは手伝っちゃダメ!」

・・・

「そうかぁ・・・

お母さんが帰ってくるまで

間に合わないと困るから

やっぱりお父さんも手伝うよ!」と言うと

・・・

「お母さんが帰ってくるまで

必ず終わるよ!」と二人声を合わせた

IMG_0730

子供たちが棚の物を

全部部屋の床に広げ

大掃除の開始になった

・・・

ちょっと様子を見ることにしよう!

と、僕は自分の部屋に閉じこもり、仕事を開始

・・・

しばらくすると子供部屋が

なんだか騒がしくなってきた

IMG_0734

様子を見に行くと

「なんだ?!」

部屋には

モノが散乱しているが

棚に向かって二人で何かしている

・・・

「あれ?片付けの途中で

飾り付かい?」

やっぱりお父さんが手伝わないとダメかな・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

トイレのカギが締まらない!って?

家の1階のトイレのカギが

調子悪いと

誰かが言っていた

 

カギをかけても締まらないらしい

・・・

2・3日、放っておいたが

仕事から帰ると

次男(小5)が

トイレの前に座り込んで

何やら取り組んでいる

・・・

そばに寄って見てみると

 

え!

トイレのドアのシリンダーを

外しちゃったのか?!

IMG_0754

おい!おい!

これからずっと

カギのないトイレってことにならないか?

・・・

ちょっと不安になりながらも

次男の様子を見ていた

・・・

次男はカギがかからなくなった状態を

僕に説明しながら

一つひとつ

ネジを取りながらバラしていく

・・・

そういえば、僕が小さな頃

親の留守を見計らって

台所の壁にかかっていた柱時計をはずしてきて

ネジ1本からゼンマイに至るまで

もうこれ以上バラせないという状態まで

バラバラにしたことがあった

 

とにかく壊してみるのが

面白かった思い出がある

・・・

「お父さんが見てあげようか?」

「いいよ!僕がやっているんだから!」

とその仕事を手渡さない

IMG_0753

カチャカチャと

何度もカギを回しながら

あーでもない

こーでもないと言っては

また、ネジをひとつ

はずしていく

・・・

カギのないトイレに

「トイレ使用中」の札でもさげることになるのかな

と明日からのことを考えていた

IMG_0755

しばらくすると

「お父さん!見て!

ホラ!!」と言って

カギをかけるところを見せてくれた

・・・

カチャリと

しっかりと締まった

・・・

壊すだけじゃなくて

修理もできるようになったんだ!

というより

なんでも壊してみる経験をしないと

修理はできないよなぁ・・・

 

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)