年賀状を書いてみた

年賀状について

・・・

年末に館山へ行ってから

やっとの思いで

書くのが毎年の

僕の習わし

・・・

ところが今年は

どういう風の吹き回しなのか

館山へ出かける前日に

机に向かってしまった

・・・

半分以上は

妻に任せておいた年賀状

・・・

いつもは

なんとかというソフトで

相手先がプリントされるのだが

IMG_2067

今年は宛名を

一枚一枚

お気に入りの万年筆で

書き認めた

・・・

知人の名前や住所を

一文字ずつ書いていると

不思議なことに

その人の顔や

当時のことが思い出され

しばし筆が止まる

・・・

一年に一回の年賀状

不精せず

これからも書くかな?

・・・

と新たな気持ちを持ったが

さて、来年はどうなっているのやら・・・

 

 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

レジはどこに並ぶか?

年末のスーパーは

正月を迎えるための準備なのか

普段よりも賑わっている気がする

・・・

カートのかごは

2段重ね!

・・・

たっぷり商品を詰め込んで

いざ、レジへ!

IMG_1964

レジを一通り眺めてみる

どこの列が早そうか?

・・・

カゴからあふれそうなほど

商品を山積みしている人が

並んでいる列は

やっぱり避けたいし

・・・

それとレジ打ちしているスタッフが

男性の場合

・・・

特に若い男の子が

レジを打っているところは

なんとなく遅そうな気がして

ここはなるべく避けている

・・・

本当に遅いのか

先日、男性スタッフの動きを

観察してみた

・・・

ところが

その男性スタッフに

無駄な動きがあるわけでなし

特別動作が遅いということもなかった

ただ、黙々と作業をこなしている

・・・

勝手なイメージだけれど

女性のレジ打ちのほうが

どうしても手際が良いように思える

・・・

それも少し年配の女性

・・・

一切の無駄な動きを排除し

いかに手早く正確に

バーコードを読み取らせ

・・・

読みとった商品を

今度は

いかにきれいに整えて

空いたカゴに詰めていくか

・・・

それが自分の使命であり

生きがいなのだ!

という眼差しで

・・・

ただ、ひとつ気をつけたいのが

そのレジに

おばさんの知り合いが並んだ時

・・・

手際は良いのだが

しばし「おばさんトーク」を

交えながらのレジ打ちになる

・・・

先日もその機会に遭遇

次に僕が並んでいることは

たぶん視線から消えてしまったようだ

・・・

これからは

安全第一!

男性レジ打ちの方に

並ぶとするか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (2)

長男(中1)とのひととき・・・

土曜日は

前日に仕事納めだったため

一日のんびり過ごせた

・・・

長男(中1)も珍しく部活や塾もなく

夕方まで予定もないという

・・・

突然の思いがけないクリスマスプレゼントを

長男からもらった嬉しさから

「本屋さんに行かないか?

好きな本をお父さんが買ってあげるよ!」

という提案に

長男はちょっと「え?いいの?」と遠慮がちに

でも喜んで出かける準備を始めた

・・・

本の品揃えでは

前橋にある紀伊国屋書店が

僕は気に入っている

s-IMG_2061

長男もやっぱり

「そこがいい!」と車に乗りこんできた

・・・

本屋さんまでの車内では

久しぶりに

長男と二人きりの

会話を楽しんだ

・・・

このところ

ゆっくり長男と向き合うことが

少なくなっていたことに

長男からのプレゼントで

僕自身が気づいた

・・・

長男が僕のことを

思っているほど

果たして僕は

長男のことを

考えていただろうか?

・・・

親の都合だけで

長男に物を言っていなかっただろうか?

そんな自責の念を感じてのドライブになった

・・・

長男の話を

まるごと受け止めるように

僕の意見を一切言わず

ゆっくりと耳を傾けてみた

・・・

だからなのか

いつもより穏やかに話をする長男

・・・

・・・

本屋さんで好きな本を選んだ長男

「もう一冊、選んでもいいよ!

今日はお父さんがプレゼントするから」

という僕の申し出に

「いいよ・・・おこづかいで買うから・・・」

と親に遠慮をする長男

・・・

「いいんだよ

お父さんは君からのプレゼントが

とっても嬉しかったから・・・」

すると長男も素直に

自分で買おうと手にしていた本を

僕に手渡してくれた

・・・

「お腹すいてきたから

どこかでお昼食べて帰ろうか?

何食べたい?」

「ラーメンかマクドナルド!」

「そっかぁ・・・ハハハ!」

なんだか、僕にとっては

寒い冬の温かいひとときだった・・・

 

長男(中1)のクリスマス

クリスマスも終わり
そろそろ年末の話題かな
・・・
そんなことを
思いながらも
今年のクリスマスの時の
長男(中1)の話題をひとつ
IMG_2048
今年、本当はサンタは親だった

と打ち明けられた長男
・・・
クリスマスの夕食後

プレゼントは
カードゲームが欲しいという長男が
妻とゲームソフトなどを売っているショップへ
買いに行くことになった
・・・
そんな出かけるときに長男が
「本屋さんへも寄っていい?」
と妻にせがんでいる
「もう遅いし、
本屋さんなら明日でも行けるでしょ?!」
と長男に言い聞かせていた
・・・
長男は僕に
「お父さんって、本大好きなんだよね?」
と言ってきたので
「大好きだよ!」
「どんなジャンルでも読むの?」
「お父さんは、
どんなジャンルの本でも大好きだよ」
・・・
そんな会話をしながら
玄関へ向かい
長男は妻と出かけて行った
・・・
・・・
プレゼントを買って帰ってきた長男
カードゲームをさっそく開け
カードを確認すると
期待していた本命のカードが
入っていなかったようだ
・・・
それを見た次男(小5)が
「あんまりいいカードじゃないね!」と言うと
「せっかく買ってもらったプレゼントを
そんな言い方するなよ!」
と次男をたしなめたようだ
・・・
それから、それから
僕と妻に

長男から
本のクリスマスプレゼントが贈られた
IMG_2060
僕が読んで
それを長男にあげた本の続編
妻も今読みかけている本の続編を
長男の小遣いで
僕たちにプレゼントしてくれたんだ
・・・
だから、
「本屋さんに寄って!」
とか、
「お父さんは、どんなジャンルでも読むの?」
って聞いてくれたんだ
・・・
僕にとっては
忘れられないクリスマスの夜の
素敵な素敵なプレゼントになった

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

サンタさんからのプレゼントだよ!!

サンタクロースの存在を

知った長男(中1)と次男(小5)は

長女(小2)が抱いているサンタさんへの願いを

どうやって演出しようか

子供たちなりに考えていたようだ

・・・

次男と長女が部屋を

クリスマスっぽく飾り付けたが

さすが次男

「メリークリススス」と書いてしまった物を

訂正して壁に貼ってあった

s-IMG_2051

長男は長女に

自分の部屋で一緒に寝ようと誘い

次男は

「お父さん!プレゼントは

なかなか見つからないところがいいよ!」

と、自分たちが一挙に大人になった気分で

僕の相談相手のような口ぶりだった

・・・

当の長女は

「サンタさんは

世界の子供たちに

プレゼントを届けるから

3時ころから

もう、回り始めているんじゃないの?」

・・・

「ひとり、二つまで

サンタさんはプレゼントを持ってきてくれるって言ってた

だから、お母さんの分も

お願いしてあげるよ!」

・・・

僕の分は次男から

妻の母親の分は長男から

もらえるから

大丈夫だよ!と優しい長女の言葉

s-IMG_2053

昨夜、長女は枕元に靴下を用意して

楽しい夢の中へ

・・・

スヤスヤと眠むる長女の寝顔を見ながら

サンタさんからの贈り物を

そっと靴下の中へ入れた

・・・

さてさて

我が家にサンタクロースが

やって来るこんな素敵な夢を

僕はいつまで見ていられることやら・・・

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

サンタクロースは誰だ?

いよいよクリスマスイブ
IMG_1996
昨年は
当時小学6年生の長男と
小学4年生の次男は
サンタクロースを
本当は信じていないんじゃないか
と親としても
疑心暗鬼で
プレゼントを渡したことを
思い出す
・・・
今年は中学になった長男には
プレゼントは何が欲しい?って
ちゃんと聞いてあげるのも
ひとつかな?
と妻の提案
・・・
そりゃそうだな・・・
今更サンタさんに
何が欲しいか伝えた?
なんて、なしだろ
IMG_1999
昨日、夕食が終って
ゆっくりしていると
妻から驚きの発言を聞いた
・・・
長男にサンタクロースがいないことを
妻が伝えると
本気で長男はびっくりしたらしい
・・・
もちろん
あのサンタクロースの格好をしているとは
長男も思っていなかったけれど
親がサンタクロースだったことに
ショックを受けたようだ
・・・
その話を聞いて
今度は僕がびっくりした
・・・
仕事場で長男の話をすると
「素直に育っていますね!」
というスタッフの感想
・・・
素直かぁ・・・
なんとも純真というか
幼いというか
どう表現していいのかな?

Filed under: 子育て — oisi  Comments (2)

休日は模様替え?!

祝日の今日は

妻は仕事

子供達は冬休みの始まり

・・・

子供たちは

放っておいて

仕事でもしようか

と自分の部屋に入った

・・・

ところが

なんだか急に

部屋の模様替えをしたくなった

・・・

机やパソコン

本や資料も並べ替えてみよう!

・・・

ところが

どこから手をつけていいもんやら

とりあえず

資料と本を

すべて棚から下ろした

・・・

この時点で

作戦失敗

足の踏み場がなくなってしまった

・・・

どうやってデスクを移動しよう?

????

こんなときは

次男(小5)が

結構役立つ

・・・

「おーい!

ちょっと手伝ってくれないか?」

次男は部屋に入ってくるなり

「何?!!これ?!!」

とさすがに

あの次男でさえ

驚いている

・・・

「机を移動するから

そっち持って!

裸足じゃ危ないから

お父さんの靴下貸すから

それを履いて!」

・・・

まさに危険な場所での作業となった

・・・

昼になっても

全く終わりそうにない

・・・

次男と長女(小2)は

「お父さん、どっか連れてって!」とせがむが

「このままじゃ、無理だよ・・・

ごめんね・・・」と部屋を見せながら

納得してもらった

IMG_1991

長女(小2)は

そんな僕の部屋を見ると

「パパ、がんばってね!」

コーヒーを部屋にもって来てくれた

・・・

俄然、やる気が出たぞ!

・・・

IMG_1994

どうにか完成したのは

日が暮れ始め

夕食の支度を

そろそろ開始する頃だった

 

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

上信電鉄の時刻表が変わった?!

日本国内で
一番乗車運賃が高いといわれている
高崎と下仁田を結ぶ上信電鉄
・・・
単線で2両編成という
まさにローカル線を
絵に書いたような
鉄っちゃんには
たまらない鉄道
IMG_7443
その上信電鉄が
何年振りか記憶にもないほどだが
列車の時刻表が
本日変わるという
・・・
そんな知らせが
どこからともなく
誰からともなく
届いた
・・・
新駅が一つ増えたことが
時刻表の改定になったようだ
IMG_1980
1時間に1本か2本
一日に一回だけ

3本走る時もある

・・・

そんなのんびりした空間を
作りだしている上信電鉄
・・・
だけど、何年ぶりかの
時刻表改定が
ニュースになるということや

それほどみんなの関心がないことが
ニュースのような気がするなぁ・・・

Filed under: 雑感 — oisi  Comments (0)

クリスマス会と子供たちの成長

週末の土曜日は

毎年恒例になった

保育園時代からの

パパ友・ママ友たちとのクリスマス会

IMG_1975

岩瀬家・田中家

大人に子供合わせて14名が

我が家に集合

・・・

夕方の5時に集まり

解散したのは

すでに暦も変わっていた

・・・

何か特別のことを話すわけでもなく

いつものメンバーが

いつものように飲んで食べて語っていると

いつの間にか

時間が過ぎていく

IMG_1969

当日の時間の経過も

あっという間だけれど

3家族で集まり始めてからの

時の経過も

また早いもんだと

子供たちの成長を見ながら実感

・・・

我が家の長男(中1)が

子供たちの中では

一番の年長

・・・

土曜日は夜7時30分から10時まで

塾に通っている

・・・

昨日のクリスマス会は

どうしようか

長男なりに迷っていた

・・・

「塾行ってもいいかな?」と長男

「クリスマス会に参加しても

塾に行っても

どちらでもいいよ!

自分で決めることだからね」と言うと

余計に迷ってしまったようだ

・・・

結果、長男は塾を休み

みんなと楽しいひと時を過ごした

・・・

これからは

だんだん、子供たちも

自分の予定や都合で

全員が出席できなくなってくるんだろう

・・・

時の流れを

こんなところからも

感じた・・・

 

 

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)

子供たちの学習スタイル

長女(小2)が

掛け算の九九を

一生懸命覚えている

・・・

そういえば

長男(中1)が小学2年生の時

我が家の子供としては

初めて九九を習ったときのこと

・・・

掛け算の九九カードを

一生懸命めくりながら

食卓でも風呂の中でも

そして登下校の時も

必死に覚えていたのを思い出す

・・・

長女は聴覚優位の学習スタイルなのか

まるで歌を歌うように

リズムに乗りながら

九九を覚えている

・・・

だからなのか

九九カードを見て覚える視覚優位な

学習スタイルで

覚えている姿を見ない

・・・

それぞれが

自分に合った学習スタイルが

あるようだ

・・・

あれ?

そういえば

次男(小5)が2年生の時は

九九カードはもちろん

すぐにどこかに行ってしまったけれど

暗記をしている姿すら

見た覚えがないなぁ・・・

・・・

いったい次男は

どんな学習スタイルなんだ?

 

Filed under: 子育て — oisi  Comments (0)