コインローファーにはペニーがお似合い!

高校時代
リーガルの靴を履くのが
ちょっと贅沢なおしゃれだった
・・・
すべての靴を
リーガルで揃えられず
お金を貯めて1足だけリーガル
その他はハルタの靴
これが僕のパターン
・・・
リボン・タッセルに
コイン・ローファー
・・・
そのコイン・ローファーには
ペニーの愛称で呼ばれる
銅色の1セントコインを挟むのが
ちょっとしたこだわり
B
・・・
思い出したように
コイン・ローファーを
急に履きたくなった
・・・
最近のリーガルは
その頃のデザインよりも
ビジネス向き
・・・
ちょっと学生風のコインローファーを
あのハルタで見つけた
・・・
今ではチノパンと呼ばれているが
コッパン(コットンパンツの略称)に
アーガイルのソックス
そしてローファー
これで行こう!
・・・
ところが
肝心のペニーがない!
・・・
机の引き出しを探してみたが
全部処分してしまったのか?!
どこにも見当たらない
・・・
コイン・ローファー履くのに
1セントがなくては!!
の強いこだわり
・・・
仕方なくアマゾンで
日本円で1円程度の1セントを
108円で2枚注文
送料が500円
・・・
ローファーの飾りと思えば
安いかな・・・

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

マインドフルネスのワークって?

土曜の研修は
自分自身を見つめなおし
人それぞれの違いがあることを
再認識する時間となった
・・・
日曜は東京へ
コーチングと心理学の合体セミナーへ
参加してきた
・・・
途中、ニュースになった山手線事故の横を
新幹線で通過したようだが
まだ夢の中
・・・
・・・
研修は4月に引き続き2度目

今回は認知行動療法
・・・
勤務先の病院は精神科病棟があるため
認知行動療法という言葉は
結構普通に出てきている
・・・
専門家ではない僕は
あらためて認知行動療法の入口を学んでみた
・・・
行動療法のABCと認知療法のABCは違うんだ!
それに今は「マインドフルネス」の
第3世代がやってきているようだ

僕には大発見!
s-IMG_2842
マインドフルネスを体験するワークが
「ピーナッツ・エクササイズ」
・・・
ピーナッツがそれぞれ二つ配られ
そして
①二つのピーナッツを見比べる
②ピーナッツを一つ口に入れる
③ピーナッツを一度噛む
④ピーナッツをじっくり噛む
⑤ゆっくり味わって飲み込む
⑥感想をシェア
・・・
以上のワークだが
①から⑤まで
ゆっくりと時間をかけていく
もういいだろう!
というくらい時間をかけた
そして最後のシェア
・・・
感じたままに
今を大切にする
その感想をシェアする
・・・
みんなは
口の中での食感や
噛んだときの歯触り
塩加減などについて
今まで感じたことのない感覚を
シェアしていた
・・・
・・・
僕は①の二つのピーナッツを
ジィーと見ていた時に
ふたつのピーナッツが
ピーナッツ親子に見えて来て
どっちかを食べなくてはいけないのが
心苦しくなって
そしてなんだか悲しくなってきた
・・・
小さな方の
子供のピーナッツを食べるわけにはいかないと思い
大きな方のピーナッツを手に取り
それを口に運んだ
・・・
そのピーナッツを噛むことに
とっても抵抗があったことなどを
グループでシェアしてみた
・・・
ふたつのピーナッツのワークが
思わぬ方向に進んでいった
そんな研修だった

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

エニアグラム研修に参加!!

先週の金曜日は
勤務先で部課長職対象の研修ファシリ
・・・
研修を担当していると
アウトプットが多くなり
情報を仕入れたり
自らも学んでいく
インプットとのバランスが
なにより大切になってくる
・・・
というわけで
土曜・日曜の2日間
朝から夕方まで
それぞれ別の研修に参加してきた
s-DSC_0011
土曜日は
群馬にファシリテーションを普及させよう!
という準備委員会に加わり
エニアグラムの講師を招聘しての研修
・・・
エニアグラムとは
ギリシア語で9つという意味と
図という意味を合成した言葉で
個人の特性を9つにタイプ分けしたもの
・・・
最初にアセスメントをして
9つの特性のどこに当てはまるか
そして同じ特性同士が
グループになってワークを行い絵を描く
s-DSC_0021
「自分の注文した料理ではない物が来た場合」
絶対に文句を言って変えてもらうグループと
まっ、いいかぁ・・・と食べてしまうグループ
・・・
「1人でいることが好きな人たち」
タイプによって
1人でいると「安心」するグループと
1人でいると「エネルギー」が出るグループ
・・・
「立食パーティに誘われた時」
どんな人に会えるかな?と楽しみにするグループと
座る席が決まっていないと落ち着かないというグループ
できるだけ新しい人と会いたくないので
できれば参加したくないというグループ
・・・
「人との調和」について
言われたことを断らない受動的な調和グループと
自分から輪に入っていく積極的な調和グループ
・・・
ちなみに僕は
タイプ2
「愛」「優しさ」「思いやり」
がキーワード
・・・
そうなんだよ!
こんな顔して
本当は優しいんだよ!
と自分に言い聞かせていた

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

医療とサービス・・・

4月1日

新入職員が18名

病院のスタッフに加わった

・・・

3日間の新人オリエンテーションに向けて

教育研修企画委員会が

どのようなプログラムにするか?!

何を最初に伝えていくか?!

・・・

2月から話し合いが進んでいった

IMG_2722

3日目最後の午後

13時から17時までの4時間の

ワークショップの担当になったが

テーマが絞り込めない

・・・

1週間前になって

やっとテーマが「医療・介護はサービスか?」

に決定

・・・

新人参加者は

他院で医師をしていた職員や

今年大学院を出た臨床心理士候補

17年間、理学療法士として活躍してきているベテラン

それに精神保健福祉士に

看護師、介護福祉士、調理師

そして高校を卒業したばっかりの介護職員

IMG_2723

さてさて

この年齢も経験も資格も

みんな違う参加者に

どんなワークをファシリテートしていくか

腕の見せ所

・・・

前日まで構成を練って

やっと完成!

・・・

チェックインは

大石にどんなプレゼントをあげると

大石は感動するだろうか?

大石にいろいろ質問をして

みんなで考えよう!

そんなワークから始まった

・・・

ワークの合間に

レクチャーを挟んだ

IMG_2783

サービスはマニュアルによって

均一化できるし

満足を与えることができる

・・・

でも満足の先にあるものは

大満足で

感動ではない

・・・

感動はホスピタリティによって

生み出されるもの!

・・・

チェックインの時

参加者が出した大石へのプレゼントで

「子供が選んでくれたネクタイ」が

僕を感動させた

・・・

参加者が一生懸命僕のことを考え

出そうとしたことが

まさにホスピタリティの第一歩!!

・・・

参加者は医療の在り方を

熟考する時間を

ふんだんに使っていた

・・・

4時間たっぷりのワークは

やっぱり参加者自身が

答えを持っていた!

それを改めて実感できた充実した時間だった

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

冬眠から覚めたクマが口にするのは?

昨日の日曜
朝から夕方まで
東京で研修を受けてきた
s-IMG_2671
コーチ仲間が主催し
講師を招聘しての研修は
コーチングと心理学を
合体させた新しい「コーチング心理学」という視点
・・・
3月から5月まで
毎月1回ずつ開催される
・・・
今回は「動機づけ面接法」
・・・
その中で面白い表現があった
「A・K・Y」
あえて・空気・読まない
・・・
相手に引きずられず
こちらのペースで
面接を進める
・・・
なるほど!
相手に同調したり
あえて共感しないで
進めることで
逆に相手の行動が促進されることがあるんだ!
・・・
そしてもう一つの発見
・・・
アイスブレイクで
クマが冬眠から覚めて
初めて口にするのは?
の問いかけに
さて、なんだろう?
・・・
考えこんだが
答えは「フキノトウ」
・・・
体を動かし始めるのに
苦いものを口にするらしい
おー!
人間も春は
ちょっと灰汁のあるものを食して
体を起こしていくんだ!

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

KYってダメ?

周りの空気を読めない「KY」

という表現が一般化されて久しい

・・・

確かに

「?」

それってこの場で言うこと?

そんな場面に遭遇したこともある

・・・

でも最近

その「KY」をひとくくりに

拒絶していく雰囲気に

疑問を持ち始めた

・・・

満場一致

全員同意を良しとする会議は

本当に健康的なのだろうか

・・・

この場で

こんなこと言ったら

まずいんじゃないだろうか?

・・・

本当は心底納得していないけれど

場の雰囲気や

反対意見に対して

遠慮なのか恐怖なのか

黙っている機会も多いのかな

・・・

会議や話し合いは

全員一致がゴールではなく

それぞれの立場で

合意形成をしていくプロセスが

とっても重要な気がする

IMG_2668

それこそファシリテーターの腕の見せ所

・・・

自由な発散や葛藤があって

はじめて健康的な話し合いになっていく

・・・

そこには「KY」的な発言が

その場で化学反応を起こすチャンスにもなる

・・・

あまりにも

行き過ぎた「KY」を排除する考え方は

もしかしたら

不健康な状態なのではないか

と、今日はちょっとまじめな発言をしてしまった・・・

 

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

アルコール飲む人・飲まない人どっちが得?

金曜日の午後は
藤岡のみかぼみらい館で
群馬県労働政策課主催の
障害者雇用定着セミナーに
パネラーとしての参加
IMG_2584
わが病院も数年前までは
障害者雇用率未達成だったのが
障害者就業・生活支援センターの方のサポートと
現場スタッフの温かな協力で
今では6名も職員の一員として活躍している
・・・
そこまでの過程と
経験談などを話してきた
・・・
そして情報交換会では
現場で実務を行っている参加者の悩みに
耳を傾け
経験だなど交えながら
活発な意見交換
・・・
・・・
セミナー終了後は
群馬でファシリテーションを
広めるための
立ち上げミーティングへ
・・・
いつものように
車の中でサンドイッチを
頬張りながら
高崎の会場へ向かった
・・・
日本ファシリテーション協会の活動は
東京が中心で
僕もなかなか参加できない
・・・
そこで群馬サロンを立ち上げ
みんなが参加しやすくしよう!
という呼びかけに
僕も加わることになった
・・・
4月の勉強会に向け
打ち合わせが進んで行ったが
その後の懇親会についての
打ち合わせの時
IMG_2583
「アルコール飲み放題付4000円」
「ソフトドリンク飲み放題付2500円」
のたたき台のプリントを見て
女性スタッフから
「これ、うれしいですよね!
車で来た人とか
アルコール飲まない人は
同じ値段より納得感がありますよね」
・・・
そうかぁ・・・
アルコールを飲まない人は
やっぱりそう考えるのか
・・・
でもちょっと気になった
・・・
この表現だと
今度はアルコール飲む人が
なんだか負担感が多いような気がする
・・・
ふと、ひらめいたのだが
今日集まっているスタッフは
行政関係や結構固い仕事の人たち
・・・
過去にちょっぴり危なそうな仕事にかかわった僕が
提案するのはどうかな?と迷ったが
「どうですか?こんな表現は?
・・・
『懇親会参加費ソフトドリンク飲み放題付きで2500円
1500円の追加で
アルコールが飲み放題のコースも
今回はご用意しました!』っていうのは?
・・・
アルコール飲む人も
1500円で負担感も少なく
なんだか得した気になりませんか?

これなら両者納得しませんか?」
・・・
まじめな皆さんは
「いいですねぇ!」と賛同してくれたが
僕の中では
また商売っ気を出してしまったかな?
と自嘲・・・

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

マシュマロタワー?

古河での研修は

4チャプターがそれぞれ

1プログラムずつを披露

・・・

栃木チャプターは

マシュマロタワーのワーク

・・・

スパゲティを一束と

タコ糸90cm、

マスキングテープ90cmとはさみ

この道具だけで

どのチームより高くタワーを作り

そのてっぺんにマシュマロを乗っけるワーク

IMG_2551

4人一組になり

作戦会議20分

作成25分

・・・

作戦会議では

材料が手元にない状態で

あーしよう!こーしよう!

と想像だけで話がはずむ

・・・

僕らのチームには

理系のコーチがいない!

文系の不器用コーチがそろってしまった!

IMG_2553

隣のチームは理系コーチが集まっている

こりゃ、勝ち目はないかな?

と思いながら

いざ、作成タイムへ突入

・・・

わぁ!作戦会議通り進まない!

パスタ同士をタコ糸で結べるはずが

全然固定できない!

これじゃ3段組みを予定しているタワーが立たない!

・・・

急きょ作戦変更

マスキングテープでつなげてみよう!

作戦会議で予定していたことが

ひとつもできないぞ

・・・

結局1段が完成して

そのてっぺんにマシュマロを乗せた

・・・

5チームの中で2位!

と、隣の理系チームを見てみると

高い高い4段タワーが

残念な姿で横転している

・・・

理系に勝てた!

 

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

水戸のお土産は?

昨日の続き
・・・
さぁ、研修も終了!
すると主催者の方から
「大石さん、あんこ食べられますか?」
と聞かれた
・・・
僕がかりんとう饅頭を持ってきたから
そんな質問しているのかな?
でも、なぜ突然あんこ?
・・・
「あんこう鍋の店を予約しました!」
あぁ!「あんこ」じゃなくて

「アンコウ鍋」!

・・・

宿泊するホテルから

歩いて数分のところにあるアンコウ専門店へ

いそいそと足を進めた

・・・

コースは板長のお任せコース

ん?納豆出るのかな?

ちょっと不安だったけれど大丈夫だった

IMG_2354

最後のうどんを鍋にいれて

いやぁ・・・満腹!満足!

・・・

翌日はホテルからほど近い偕楽園に

立ち寄ってみた

・・・

ちょっと肌寒い中でも

早咲きの梅が

所々で咲き始めている

IMG_2367

小一時間ほど

散策をして

少し体が冷えてきたところ

茶店発見!

・・・

迷わず甘酒を一杯注文

「生姜入れますか?」のご主人の声に

「はい!ぜひお願いします!」と元気よく答えた

IMG_2386

体が温まったところで

隣のお土産屋さんに入ってみた

・・・

あるわ!あるわ!

食べ物からキーホルダー

なんでも

黄門様に梅

それに納豆!

IMG_2390

家族のみんなに

お土産だ!

納豆も行っちゃうぞ!

・・・

お土産をたっぷり買って

時間を見ると昼近い

・・・

お土産屋さんの中にある食堂の

ウィンドウをみると

ここも納豆に梅が盛りだくさん

・・・

少し我慢して

水戸を抜け出し

栃木まで行ってから

昼食にしよう!

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)

クレームの主人公は誰?

昨日の日曜日は

茨城県の水戸で

「医療・福祉現場におけるクレーム対応講座」

を開催してきた

・・・

昨年の10月の土浦以来の茨城

その時参加された方が「ぜひ水戸でも!」と

今度は主催者となって呼んでいただいた

・・・

群馬の富岡お土産として

かりんとう饅頭と蚕が桑の葉っぱに乗っているチョコを持参

IMG_2353

原稿は前日完成したA4が1枚

これで3時間

・・・

20名近い参加者は

医療福祉従事者だけではなく

生命・損害保険関係や銀行員の方も参加された

・・・

他業種でも役に立つかな?

とちょっぴり不安の中

研修を進めたが

やはりクレーム対応の本質は

一緒らしい

・・・

キーワードの一つに挙げたのが

「主人公は誰か?」

クレームを言っている相手自身が

まさに主人公のはずなのだけれど

自分たちに矢印を向けてしまうことが多い

・・・

言い訳や「これは、まずいことになった!」と思ったり

謝罪も

いつの間にか

自分たちのために行ってしまう

・・・

すると相手はどうしても

納得いかず

感情を表に出してきて

結局相手は

「クレーマー」扱いされてしまう

・・・

困っているのは相手

苦言を呈しているのは相手

怒っているのも相手

・・・

そこをくみ取らないで

謝罪だけしても

解決はしない

・・・

まさに主人公は相手なんですねぇ

と伝えた

・・・

3時間近い研修も無事終了

そして懇親会!

Filed under: セミナー・研修 — oisi  Comments (0)